ガテン職の男性と不倫!?ガテン系は実は最高の相手だった

あなたはガテン系という言葉を知っていますか?言葉自体を知っていても実はどの職業がガテン系に入るのか知らない人が多くいます。

言葉だけが広がっているガテン系ですがなんだかと近寄りがたい人というイメージが先行していて女性からすると偏見だらけのガテン職ですが実はいいところもあるんですよ。

ガテン系の意味と由来とは?

そもそもガテン系とはどんな意味なのでしょうか?

ガテン系という言葉は使われ始めたのはリクルートから出ている就職雑誌「ガテン」が始めたと言われています。

主に土木、建築、ドライバー、メカニック、 調理師、など技術職に関わってる人を意味しており、肉体労働者というイメージがあります。

あらゆる現場の技能職、技術職、現場職の求人情報を案内する唯一の求人雑誌として1991年に創刊されたのが情報誌「ガテン」。

テレビコマーシャルやラジオコマーシャルでも 現場職が本来持っている明るくて元気、強さ、安定性安全性などといった良い面を打ち出して肉体労働者のイメージを大きく変えました。

ただバブル崩壊を時代の流れと共に今は休刊となっています。

しかしリクルートの情報誌「ガテン」がもたらした影響は大きく今では自分の強さを持っていたり芯の強さがある強い男達というイメージを世の中に広げ強くてかっこいい男達というイメージが今では広がっています。

ガテン系男子の特徴

ガテン系という言葉はよくわかったと思いますが、皆さんが持っているイメージとはどんなものでしょうか?

汚い、学歴が低い、といったイメージがあるかもしれません。

ここではガテン系の男子の特徴調べてみました

ガテン系は優しい人柄の人が多い

ガテン系の男子は男社会でやっていくために普段は優しさと厳しさを兼ね備えていますが、男社会でしっかり働く人は自然と理想的な腫瘍頭になっていくのです。

ということは一見汚くてガサツそうに見えますが全然怖くなく実際はとてもしっかりして優しい人が多いです。

そのギャップにやられる女子も多く適当に働くチャラチャラしたそこら辺のサラリーマンの男らしいという評価があります。

ガテン系男子は一本気の人が多い

ラテン系の人達は本当に仲間思いです。

男同士の結束は固く一度信頼した相手に対して裏切るような行為は恥だという認識があります。

これは女の人に対してもそうです一度愛した女性をとても大事にする人が多いです。

また彼の生活はとても健康的です。

夜更かしをすることもありませんし、そもそも現場で疲れているのであまり無茶をすることも本当はありません。

ハードな生活をしている彼らには他の女性と浮気しような時間などないのです。

それよりも愛する家族や彼女のために働いて彼らとの時間を大切にするというのがガテン系男子の特徴です。

ガテン系男子は子供を大事にする

ガテン系男子の特徴として自分の子供をすごく大事にするという特徴があります。もちろん子供先輩に対して非常に優しいです。

子供の成長を楽しみに毎日働き、自分を家族のためにしっかりと働きます。

あまり口数は多くありませんが背中で語ってくれる父親はかっこいいと思います。

ガテン系男子の職業と年収は?

ガテン系の男子は人間的に素晴らしい人が多いです。

しかし実際彼らはどんな職業でどのくらい稼いでいるんでしょうか?

大工職人

平均年収はボーナスありで420万ぐらい

鳶職人

平均年収は385万円

となっています 。

他にも庭師、左官職人、建具職人などありますが大大体300万~500万となっています。

ガテン系の平均年収は普通のサラリーマン吉田ですがあくまでも平均なのでケーキ屋個人の能力なので全然違ってきます。

仕事ができる人であればサラリーマンと比較するとサラリーマンより収入は上となる傾向があります。

ガテン系は最高の彼氏

偏見を持たなければガテン系の男性は最高の相手となるでしょう。

なんといってもその懐の深さと暖かさに多くの女性はまいってしまうのです。

素朴さや素直さと言ったガテン系男子が持っている雰囲気や男が本来持っている野生と強さ。

これらを兼ね備えたガテン系男子は恋愛相手とすれば一度はしてみたい相手でしょう。

実は強面ですごい優しかったりするガテン系男子にギャップ萌えしてしまう女性が多いのもわかる気がします。

もし熱い彼らと付き合うチャンスがあれば一度付き合ってみるのも良いでしょう。