ソウルメイトの診断方法!この人あなたの運命の人!

ソウルメイト 診断方法

ソウルメイトという言葉をご存知ですか?魂の伴侶と言われている輪廻転生を繰り返し、何代にもわたってあなたの周りに存在してくれて、ときには兄弟、ときには親子、ときには夫婦としてサポートしてくれる人たちのことを言います。

ソウルメイトに出会った時は特別な感覚があると言われています 。しかし感覚だけに頼るのはソウルメイトとの出会いを逃してしまう可能性もありますよね。そこで今回はソウルメイトの診断方法というので紹介します。

ソウルメイトだと確信する診断方法

感覚だけではソウルメイトだと診断するのはなかなか難しいものがあります。

形がなく感覚ということだけに頼るというのは、個人差があって、感覚が鋭い人や感覚が鈍い人がいるので、本音から言うとあまり正確性というところでは確実とは言えません。

例えば、感覚が鈍ければ、ソウルメイトと出会ったとしても全く気付かないでしょうし、感覚が鋭すぎれば、全く面識もないのにソウルメイトだと確信してしまって突拍子もない行動をとってしまうかもしれません。

基本的にはソウルメイトは前世で出会っているので確実に出会うということが現世では約束されています。

しかしこのようなことは一般的には信じる人信じない人がいるので、信じないと思っている人にとっては認識することは困難です。

そんな方でもソウルメイトを知りたいと思った時に診断する方法というのが実はあります。

ソウルメイトだと診断する方法としてソウルナンバーを割り出す方法があります。ソウルナンバーとは、自分 生まれた生年月日を使って出す一桁の数字のことで、その数字が近ければ近いほどソウルメイトに近い存在だということが言えるのです。

反対に遠い数字であれば違うのかと言うとまたそうでもないので、一つの判断材料として知っておくのはいいと思います。

ソウルナンバーの出し方

ソウルナンバーの出し方は生年月日を一つ一つバラバラにしてタスたけです。

例えば2017年1月1日生まれの場合は、2+0+1+7+1+1=12です。

そして、1+2=3となり、それがソウルナンバーとなります。

生年月日をもとに出したそうなんだが運命数とも言われますので数字が同じであればあるほど強く惹かれ合うと言われています。

ソウルナンバーは目安として使うことがお勧めなので、とりあえずでやって惹かれると感じるのであれば、相手の生年月日を使ってソウルナンバーを計算してみましょう。

直感的にソウルメイトと感じる場合

ソウルメイトだと直感で感じる時があると思います。

その時どのような感覚に陥るのでしょうか?

ソウルメイトと出会ったと言う時に落ちる感覚として代表的なのが、他の人には感じない安心感を感じるということです。

ただ近くにいるだけで安心感を感じるという人はソウルメイトと感じるに相応しいかもしれません。

一緒にいて気を遣わなくていいという相手がいたらそれはソウルメイトに会っている感覚だと思います。

またしばらく会わないうちになってみたら同じような安心感を感じるようになったら、どちらかが魂のレベルが上がってソウルメイトとしての出会いの時だということです。

最初は感じなかったかもしれませんが、しばらく時間をおいてからそのような感覚に陥ることもあるのです。

ただしこのような感覚はすぐに分かるとは限りません。

また直感で感じることができなかった人は、今までの人生を振り返ってみて、自分が本当に困った時に助けてくれた人や、本当に大変な時に一緒に取り組んだ仲間、などがなかったか振り返ってみてください。

もしそのような人がいたら、それがソウルメイトと出会ったということです。

ソウルメイトとは生まれる前に現世で出会うことが約束されています。

がしかし、その運命で繋がっているということからいつ出会えるのか?と思うような時になるか?同姓か?異性か?ということまではわかりません。

こればかりは出会って見ないとわからないので、ソウルメイトだと本当に診断できるまで色々な感覚に頼ったり、ソウルメイト生年月日からソウルナンバーを割り出したりしてみてください。