ソウルメイト?ツインソウル?どう違うの?どっちがすごいの?

ソウルメイト ツインソウル

ツインソウルとソウルメイトの違いは何なのか?あなたは知ってますか?

聞いたことがあるかもしれないけれどあまりよくわからないということの方が多いのではないでしょうか?

あなたが今付き合っている彼はソウルメイトですか?ツインソウルでしょうか?

実際そういうことも確かめたい、そんな悩みを持つあなたのために今回ツインソウルとソウルメイトの違いをご紹介したいと思います。

ソウルメイトとは

そもそもソウルメイトというのは、アメリカの前世療法の権威である が「魂の伴侶」という書籍で書いたのが始まりです。

この書籍の中では、前世で親子だった二人が、運命的な出会いをし現世で幸せに暮らしているという実例が書かれました。

そうしたことからソウルメイト=運命の人と言う考え方が広がってきました。

ですからソウルメイトと言うと運命の人という意味では思われがちです。

ところが本来のソウルメイトは、恋愛だけではなく、仕事や、あなたの周りの様々なことで、先生で何度も会っている相手のことを指すのです。

例えばすごく気の合う同僚がいたとして、その人のことをよく考えてみてください。

最初の頃から気が合うのであればその人はソウルメイトかもしれません。

特に前世で夫婦や親子になっている深い関係を持っている人であるならば、強力なサポートをしてくれるはずです。

なので今いるあなたの家族は、間違いなく来世ではソウルメイトとなるのです。

もちろん、ソウルメイトとは運命的な出会いもしますし運命の人と思っても構いませんが、お互いに多くの繋がりを持った人だという風に思った方が認識的には正しいかもしれません。

ツインソウルとは

ツインソウルとは一つの魂が二つもしくはそれ以上に分かれて転生している状態です。

分かりやすく言えば、一卵性の双子や三つ子のように一つの魂が三つの肉体に分かれてそれぞれ転生しているというようなことをイメージしてもらえればいいでしょう。

ツインソウルと出会うと同じエネルギーを持っている人なので、自然とあなたがその人とは会いたくない一緒にいたくないというような気分になることが多くなります。

これは磁石に例えればプラス同士が向き合っているということを意識してもらえればいいでしょう。

ただし、同じ魂から分かれたので、意識が同化しやすく、相手は何かが考えていることなどわかってしまうことがあります。

また物理的には別々の肉体ですが精神的な深いレベルで引き込まれるような感覚に陥ることもあります。

これは魂が同化しようとしているような感覚なので嫌な感じがするのだということです。

ツインソウルとソウルメイトの違い

ソウルメイトとツインソウルの違いは、ソウルメイトは輪廻転生を共に取り返している間に関係性が深くなった人をいいます。

そしてツインソウルは同じ魂の片割れ同士で、霊的な深い部分では同じ存在。

分かりやすく言えばソウルメイトは「親兄弟」、ツインソウルは「双子」といったところでしょう。

ということなのでツインソウルが恋愛関係になって夫婦になることは現世の中では基本的にはあり得ないことです。

ツインソウル同士が恋愛関係に発展することもまずないのですが、ソウルメイトが出る可能性が高くなります。

そもそもツインソウル自体が現世で出会うことは本当に稀なのです。

なぜかといえば先程も書いたように、近くにいることに違和感を感じてしまうので、近づけば近づくほどその違和感を感じ離れようとするので会うことはありません。

まとめ

ソウルメイト同士の出会いは必然的です。この地球には60億以上の人がいますが、それぞれで会える人たちというのは限られています。

一生のうちに出会うのは本当に一部の人達だけです。

それは奇跡ではありません。必然なのです。

いくどもの天井で出会っているソウルメイト同士が大きな目的のためにもう一度寄り添い成長するためにまた出会っているのだと思います。

それがお互い学びあい成長しあうということなのだと思えば、人との出会いはさらに楽しくなるのではないでしょうか。