ベロチューの上手なやり方、ロマンティックなディープキステクニック

ベロチュー やり方

キスをした時にこの人上手いとか 、下手だなぁとか思ったことありませんか?上手い人のベロチューは体がとろけてしまいそうな感覚になってしまいます。

今回はそんなからしをとろけさせてしまうベロチューのやり方、ベロチューの練習の仕方などをご紹介したいと思います。

ベロチューをするときの注意点

ベロチューをする時にどうしても緊張して体もしたものを硬くしてしまいがちですがそれだと気持ちいいキスはできません。

キスで舌を使う時の基本は、体の力を抜いてリラックスした状態で舌を動かすということ。

カッチカチの舌でキスをされても気持ちよくもなんともないです。

舌に力が入ってしまうと、せっかくの柔らかさや動きの滑らかさもなくなってしまうのでベロチューお仕事しても全く逆効果になってしまいます。

これでは気持ちいいベロチューとは程遠いキスになってしまうので、気持ちいいベロチューをするには舌の力を抜いてリラックスし、相手の舌を舐めるようにゆっくり動かして見ること、そうすると硬くならずに気持ちいいベロチューができます。

そしていきなり舌を入れてはだめです。

相手だって舌を入れる前には心構えというのが必要なのでいきなり舌を入れないようにしましょう。

順序としては普通の軽めのキスをしながら、徐々に舌を入れるキスにスイッチしていく方が、キスの雰囲気も損なわずに気持ちの良いベロチューができちゃいます。

メロメロにするベロチューテクニック1

ベロチュー極めると相手をメロメロにすることができます。それほど奥が深いんです。

キスをして舌を入れるだけや舌を絡ませるだけではメロメロにはできません。もっと気持ちいいキスをするには下のお菓子か他にもバリエーションを付けた方がいいのです。

キスをした時に歯茎をなぞるようにゆっくり舌を動かしてなんだかくすぐったいようなゾクゾクするような感じにさせます。

焦りようにキスをしてはだめです。あくまでもゆっくりと味わうように舌を動かすのがポイントです。

こうすることで双方盛り上がってくるのです。

メロメロにするベロチューテクニック2

キスの最中にもインターバルを置いて一度舌を出して唇にも刺激を入れることで、さらにエッチな気分が盛り上がります。

キスで舌を絡めたり、舌を動かしているとそれだけで単純な規制になってしまいがちです気分は盛り上がりますし早くエッチしたいところなのですが、ここでインターバルを入れることによって更に盛り上がるようになります。

ディープキスもしくは舌を入れているキスの最中に一度口から舌を出してキスをするとさらに刺激的。

あえて舌を入れるよりは、唇に刺激を与えるキスが有効になります。

唇を甘噛みするようにハムハムするキスや、舌を入れたり舌を絡めてキスを交互にするようにし、興奮を掻き立てるようにベロチューをしていきます。

舌を入れぱなしでも駄目ですし、舌を使わないキスもダメ。

双方を使いながらより気持ちいいキスをしてください。

メロメロにするベロチューテクニック3

ベロチューしている時にそれだけ夢中になっているのでは駄目です。

キスをしている時の手はいつもどうしていますか。

そうです気持ちを込めて相手の身体をさらに触りましょう。

せっかく盛り上がるキスをしているのですから手をおろそかにしているのはもったいないです。

気持ちが盛り上がらないキスが気持ちの良い薬であるわけがありません。

ベロチューをしている時に、手で相手の顔を触ったり、相手の体を触ったりすることでより一体感を感じることができます。

より二人の結びつきを感じられる気持ちいいキスは、下だけではなく全身で感じるキスをしましょう。 

メロメロにするベロチューテクニック4

キスで舌を相手の口に入れる時に相手に不快感を与えるようにしては駄目です。

せっかく作り出した雰囲気も台無しになってしまいます。

なのでお口のケアが必須!

キスの時だけ気を使えばいいというわけでありません。普段から歯磨きはしっかりするということも大事ですし、デートの前日の食事だって気をつかなければいけません。

キスを拒むのキスを拒まれるのも嫌ですよね?気持ちいいキスをしたいのであればしっかりケアをしておくことが大切です。

気持ちのいいベロチューをするために

ここまでキスでの舌の使い方はベロチューの時に気持ちよくするためキスの注意点についてお話してきました。

キスで舌を入れるのは舌をただ使えばいいって言うわけではありません。キスの感覚をより感じられるものにするために舌を使うということではなければだめだということです。

自分の気持ちを押し付けるようなキスでは気持ちいいキスにはなりません。

舌で相手をより感じられるキス、舌で相手を感じさせるキス、そんなキスが気持ちいいキスになると思います。

相手を思いやる気持ちこれがキスの基本です。