ライントークを自動転送してパートナーの浮気、不倫を暴く方法

旦那さんや奥さんのライントークの内容を知りたいという衝動にかられたことはないですか?

例えば「この頃様子が怪しい」「帰りが遅い」「遅くまで携帯を触っている」など今までになかった行動が出てきたときパートナーの浮気、不倫を疑いますよね。

LINEは色々と連絡を取る面で便利ですが、不倫や浮気をするにも便利。

もしパートナーのライントークを自動転送して盗み見したのなら実は方法があるんです。

今の時代、ライントークの履歴一発で浮気や不倫の証拠を掴むことも可能です。

というか、芸能人はほとんどこのパターンで不倫がバレてますから・・・・。

そんな情報がいっぱいのライントークをあなたのパソコンやスマホに自動転送させる方法などをご紹介しますので、気になるパートナーの動向を調べてみましょう。

絶対に不倫がバレない証拠の隠し方とリスク管理

ラインのトークをなぜ調べるのか?

なぜ?いやいやパートナーの浮気、不倫を疑うきっかけが今では携帯に残っている写真やメール、LINEなどのSNSのやり取りなんです。

世の中の既婚者の多くはパートナーの浮気や不倫を疑った時には LINE の内容を確認したいと思っています。

今や LINE なしでは不倫や浮気をすることが不可能と言われる位活用されています。

 LINEは無料通話アプリとして普及していますがメッセージを簡単に送ることができます。

 LINE はどの世代でも人気のアプリで既読機能や無料通話など密に連絡を取る人たちには重宝されているアプリです。

また不倫や浮気ではすぐに返信ができないですが既読の機能があるので相手の状況を知ることができます。

また通知設定などで画面に通知が出ないようにしておけば相手の存在も隠すことができますし、自分しか見ることができなければ完全に証拠を隠滅することも可能です。

そんな安心感からか LINE が浮気や不倫に多く活用され人気となっています。

しかしその安心感からか防御している人が少なくもし中身を見られた場合完全にアウトとなるので LINEの内容を知ることができれば不倫や浮気の証拠をつかむことができるのです。

パートナーの LINE トーク履歴を自動転送させる方法

さてここからは大事な LINE のトークを自動転送させる方法をご紹介します。

一般的には浮気、不倫をしているパートナーのスマホを覗き見る方法ですが、スマホを肌身離さず持って歩いていたり、やり取りした後に削除していたりすると閲覧するのは難しくなります。

メールや LINE のトーク履歴というのは削除されるとチェックするのは難しくなるのです。

ですからその前にあなたのスマホやパソコンに自動転送させる方法を知っておけば削除される前に証拠を掴むことができます。

自動転送させる方法として

  1. パートナーの LINE アプリを起動させます
  2. 相手とのトーク画面を開き画面右上にある矢印をタップ 
  3. 「トーク設定」から「トーク履歴の転送」をタップ
  4. 「メールで送信」を選択し、スマホやパソコンのアドレスを入力し、自分のスマホ、パソコンに送信。
  5. パートナーのスマホに残っているメール送信履歴を消す

またパートナーの LINE を見る方法として違うデバイスで相手のアカウントに侵入して手に入る方法もあります。

これは ID やパスワードを知っていればできますが、知らないとまずはそこを知ることからやらなければいけません。

ただ夫婦という関係であれば以外に知っていることも多いのでいくつかの ID とパスワードを試すと簡単に突破できてしまうことが多いです。

違うデバイスでパートナーに届いた LINE を確認することができますので証拠を消すために削除を押されたとしても、その前に保存しておけば良いので安心と言えば安心です。

ただし、あなたが覗いてみている時の LINE トークがパートナーよりも早く開封してしまった場合、既読マークがついてしまうので、パートナーが確認した後にすぐに確認するようにしましょう。

そうしないとあなたが勝手に盗み見をしていることがバレる可能性があります。

ここで気をつけることはパートナーより後で確認すること。

証拠を集めていることがバレるとパートナーのは今よりも慎重に連絡を取り始めますので絶対に見つからないしましょう。

削除された LINE トーク履歴を復元する方法

不倫や浮気をしているパートナーは用心深く LINE トーク履歴を消している場合があります。

これが一番厄介でいざという時のために証拠集めをしたいと思っても証拠がなければどうにもなりません。

浮気や不倫をするときの鉄則ですが証拠となるものを一切残さないのがあたりまえですね。

しかし削除された LINE トーク履歴を復元させる方法もあるのです。

これはスマホではパソコンなど別のデバイスをパートナーが持っていて、バックアップを取っている可能性があります。

なぜバックアップを取るのか不思議に思いますが、昔で言うと恋人からの手紙などを取ってるのと同じということなのでしょう。

そのバックアップしているデバイスなどを見つけてしまえば、その中にはメールだけでなくおそらく写真や動画など決定的な証拠となる情報があることが考えられます。

それではスマホを使ってバックアップしたものを復元させる方法をご紹介したいと思います。

  1. パートナーの LINE アプリを起動させる
  2. 不倫浮気相手と思われる相手のトーク画面を開く
  3. 画面右下による上向きの矢印をタップする
  4. トーク設定を選択する
  5. トーク履歴をインポートをタップ

これで削除されたトークであっても復元し相手の情報を手に入れることができます。

 iPhone のアプリでトーク履歴を復元させる方法

アイフォンを使っている人であれば「PhoneRescue」というアプリをダウンロードするとパソコンがどのようにパスコードが必要だって初期化されていたりして面倒な作業を行う必要はありません。

浮気や不倫発見ためのアプリではなく不正アクセス禁止法に抵触してしまう可能性があるので利用する際は十分に注意して自己責任でやりましょう。

もしくは金はかかりますが探偵などに頼む方が実はあなたの負担は少ないかもしれません。

 LINE トークを盗み見する前に知っておきたいこと

パートナーの浮気や不倫を疑った時には相手をどうにかしてやろうと思って証拠集めたいという気持ちはわかります。

その証拠として一番簡単に手に入れられるのは携帯の中に入っているメールや LINE トークや写真動画などですが、先ほども書きましたが相手が知らない間にそうした個人のデバイスから情報を取ってしまうと不正アクセス 禁止法に抵触する恐れがあり、裁判になったとしても証拠として扱ってもらえない可能性もあります。

夫婦とはいえそれぞれにプライバシーがあるので勝手に相手のプライバシーが入った情報を末に手に入れるということはいくら相手が浮気や不倫をしているとしてもちょっと行き過ぎだという判断になることがあるのです。

また自分が知り得たパートナーのアカウントを使って本人になりすまして会話などをしてしまうと完全にアウトなのでそうしたことはやめましょう。

不倫や浮気をされると頭にくることは分かりますが自分自身で情報を集めるというのはリスクが高いのです。

パートナーの LINE トークを確認する方法まとめ

パートナーの浮気や不倫の証拠集めをしたいのであれば相手の LINE の ID やパスワードを知っているのが簡単にその内容を知ることができます。

 LINE やメールなので簡単に連絡ができることが多くなりましたが、逆に不倫や浮気の証拠を簡単に手に入れることも出来るのです。

便利になった一方で証拠は携帯に残ってることが多いので もしパートナーの不倫お化けが気になる人はパートナーの携帯をチェックすることから始めましょう。

正しい先ほども書きましたが法に触れることもあるのでやりすぎは駄目です。

慎重にパートナーの不倫や浮気の証拠となるものを積み重ね、決定的にこちらが勝てるとなった時にその証拠を出し、もし別れることになるのであれば裁判であなたが有利になるような証拠をしっかりとつかんでおくことが大事です。

不倫や浮気の証拠を掴んだけれど裁判の時に全くに役に立たないもしくはあなたにとって不利なことになってしまったとなってはもったいないですよ。

 LINE トークを自動転送したりすることは実は法に触れることがあるのと裁判になった時にあなたが不利になる可能性があります。

もし本気で離婚などを考えているのであれば探偵を雇うとお勧めします。