不倫している既婚者との別れ方|幸せを掴むには?

既婚者と恋愛関係にあると別れ方や別れる理由に気を付けますよね。

一般的には社会人同士ですから、不倫関係と言えども学生時代のような恋愛の別れ方にならないので理由には気を使いたいことです。

心理的に響く別れ方はしたくないし、彼氏に未練も持ちたくない、ましてや既婚者の場合復縁なんて求めていません。

既婚者との別れ方は、理由も大切ですが、心理的ダメージを受けないで、そのあとあなたがどうなるかを気にしがち。あなたの気持ちや別れた後あなたがどうすれば幸せな出会いを掴んで新たな出会いと幸せな結婚を勝ち取るのか?今回記事にしてみました。

不倫している既婚者と別れたい

やめないといけないと分かっていても別れられないのが不倫。

既婚男性に独身女性、既婚者同士、既婚女性と独身男性。様々なパターンがありますが、不倫関係になっている相手と別れたいと思う瞬間もあるはずです。

そんな不倫相手と別れたいと思った瞬間を調べてみました。

独身女性が既婚男性と別れたいと思う時

不倫関係は平等ではありません。

特に既婚男性と独身女性のカップルの場合、どうしても既婚男性の方がイニシアティブを持っていることが多いです。

もちろん既婚男性がハマる女性になると逆転できますが、なかなかそういう状態になるのは難しいようです。

そうなると、相手の既婚男性が「家庭では良いパパ」としてふるまっていたり、「会いたいのに会えない」という事になると不公平感があり、堂々と付き合える相手を探したいと思うのが独身女性の本音。

不倫はどうしても不公平です。そして秘密の恋なので公に出来ない、愛し合っているのに喜びを表現できない。そんなイライラを感じたらそれは別れるきっかけなのです。

既婚男性が別れたいと思う時

既婚者同士の不倫はどちらも同じような悩みがありそれを埋めるために始まるというのが基本的なパターンです。

ですから、どちらかが悩みが解消されると、どうして?え!共有していたよね。という感情になります。

そうです、傷のなめあいをしていただけだという事に気づくのです。

既婚男性が不倫するのは喪失感を埋めたいだけ。そのことに気づいてしまえばあっけなく相手への興味も薄れます。

ちょっとでも興味が薄れたら、それは別れのチャンス。

独身男性が既婚女性と別れたいと思う時

独身男子が既婚女性と付き合うときは「遊び」が8割。

本気になってくれるわけがないと思って付き合っていればそれなりに楽しいはずですが、既婚女性が本気になると独身男性はどういう態度を取るのでしょうか?

もし、本気で既婚女性のことを愛しているのであれば、既婚女性が本気になろうと、迷惑することはないでしょう。しかし、もし面倒だというようなそぶりを少しでも感じたらそれは別れようと思うきっかけになっています。

どちらかといえば独身男性の方がイニシアティブを持っています。しかしリスクが高いので遊びであれば続けてもいいかなって思うのが独身男性。

既婚女性が本気になった時点で別れの時が近づくのです。

不倫相手と別れるには?

今まで仲良くやってきたのになぜか突然冷たくされた。なんてことありませんか?

恋愛はいつでもそうですが突然別れの時がやってきます。

もともとちょっとやましい関係の不倫ですから、別れの時もあとくされなく別れられるかというと、それが実は簡単だったりします。

自然消滅することもありますし、連絡をしなくなってメールで別れを告げることも今の時代は出来るのです。

不倫関係は連絡を取っていなければ、会う約束さえできないので連絡する方法を遮断すればいいだけ。

特に既婚男性は自分から別れたくないなんてことは言えないので別れたいといわれたらそれに応じないことはほとんどありません。

もし、愛している、別れないでくれというのであれば完全に連絡を取れないようにしてキッパリ別れてしまう事。

それでもストーカーのように付きまとうなら警察に届けることで相手に警告することが出来ます。

男は引きづる方が多いですが、女性は意外とさっぱりしているんです。

関係が長いから別れられないという人こそ、きっぱり連絡を取るのをやめてしまいましょう。

不倫相手と別れるとどうなる

不倫相手と別れると「寂しくなる」と思う人が多いですが、全然大丈夫。

恋愛相手なんてすぐに見つかるものです。

今までさんざん待たされたり、じれったい思いをした人は新しい恋をして新しい相手が出来るときっと今までは何だったんだろうと思う事でしょう。

不倫は隠さなければいけない恋愛という事で理不尽なことや不公平なことが多くあります。

そうしたことが積み重なり「別れたい」と思うならすぐにでも行動を起こして、新しい恋を始めてみましょう。

今まで不倫していたことが何だか嘘みたいな感覚に陥ると思いますよ。