不倫してたけど離婚したくない場合に使える奥の手3つ

離婚したくない場合 奥の手

もはや夫婦関係にあるとはいえない状態が続いていると、五反田さんから離婚を切り出されたりすることも時間の問題です。

でもどうしても離婚したくない、子供が成長するまでは離婚を回避したいと思う人はいっぱいいますよね。

今回は旦那が不倫してたけど離婚したくない場合に使える奥の手3つをご紹介します。

離婚回避のためにも是非参考にしてください。

離婚回避のために切り出されたらやるべき事3つ

たとえどんな理由であって離婚を切り出されたとしても、離婚したくないと思うのは当然の気持ちだと思います。

離婚を回避するためにも、離婚をしたくないという意思を伝えるとともに、できることがあるので、様々な手を尽くして対策をしていきましょう。

必要に応じては、弁護士に相談することで対応が早くなることもあります。

実際弁護士を使った方が早急に解決策が見つかりますので、早めに相談したほうがいいかもしれませんが、まずは離婚を切り出された時の対応策を知っておきましょう。

離婚届不受理申出を提出しておく

離婚届不受理申出とは、離婚届勝手に提出されないようにし、離婚届が受理されないようにするものです。

離婚届不受理申出とは

離婚について話し合いをしている途中で、夫婦の一方が勝手に離婚届を役所へ提出してしまうことがあります。 そのような不正な行為を防止するため離婚届不受理申出という制度です。

この書類を提出しておくことにより、旦那さんが離婚届を勝手に提出しても受理されないので、その間に時間が作れます。

離婚調停を申し込む

例えばお互いに離婚を決意していなくても調停の利用ができます。

家庭裁判所で調停委員会を介して、今後離婚をするつもりがあるのか、離婚をする場合どのように手続きを取っていくのかということを、第三者をはさみ話し合うことができます。

この時に第三者を介して話し合うことで、離婚しないという意思を伝えることができるので直接話し合いをしたくない場合には利用する方が得策でしょう。

あくまでも調停ですので、話し合いが成立しなければそこでまた話し合うということの繰り返しになります。

弁護士に相談する

不倫などの法定離婚事由がなく、どちらかが離婚を望んでいない場合は、離婚をすることができません。

従って、離婚を判断するためにも弁護士へ相談し法的にのっとって話し合いを進めるということが有効になってきます。

特にこういった問題に強い弁護士であれば非常に心強い味方になるでしょう。

離婚した後の身の振り方や子供はどちらが引き取るか養育費はどのくらいになるかということで、弁護士を挟むことではっきりとするので、離婚後の計画を立てるためにも弁護士に相談しておいた方が有利に進めることが多いです。

まとめ

離婚を申し込まれた時に、動揺するということは当たり前です。

もしあなたが離婚したくない場合は、法的にはできないのですからしっかりそのことを伝えることが大切です。

またあなたが原因で離婚する場合ではない時、原則的に相手からの離婚請求は認められないのでそのことも知っておきましょう。

旦那さんが別れたいから、離婚届を提出して離婚が成立するということはありません。

ただし、あなたがもう離婚しても構わないと思った時には、あなたが有利になるような証拠をしっかりと揃え、離婚調停をし得るものは入れるようにしたほうがいいでしょう。

そのためにも法律に詳しい弁護士を雇うことが最適だと思います。