既婚者同士の不倫で証拠を残さないためのリスク管理方法

不倫がバレると相手の配偶者から慰謝料や裁判などと様々な煩わしいことが起こってきます。でも何でバレたんだろう‥と思うのが不倫をしている時の心情です。

ましてや、すでに離婚をする前提で不倫をしていたりすると奥さんは相当感情的になって貴方を攻撃してくるでしょうね。

不倫が起こる場所として一番多いのが職場ですが、これがバレた場合。職業、地位を失う事も考えなければいけないですし、失わなくてもちょっと居づらいのは間違いないですね。

こう考えると不倫の証拠を握られバレるという事は相当のリスクです。出来れば避けたい。

今回は不倫で証拠を握られずバレないために避けるべき行動をまとめてみました。

不倫の証拠がバレないために避けるべき行動

不倫中は証拠となる写真、ビデオに撮られない

不倫が証明される証拠の重要なものとして、不貞を働いたという確実な証拠が必要です。

それを証明するために写真やビデオの映像が有力な証拠として使われるのです。

  • ラブホテルに入っていく写真やビデオ
  • 駅前で待ち合わせをしている姿
  • 街中でイチャついている姿
  • 旅館などに入っていく様子

など、不貞の立証にとって極めて重要な証拠となりうるもので、裁判でも重要な意味を持つ証拠となります。

ラブホテル、旅館など密室で何が行われるかわからないといえますが、男女が同じ部屋に入り不貞行為を行わない確率は半々、それが数回続いているという事実があれば不自然だと思われてもしょうがないですよね。

また、街中でイチャついているというのも、心証を著しく害する行為なので、不貞行為とは言いませんが、浮気と取られることは間違いない。

以上を踏まえると、不倫がバレないために、ラブホテルなどには絶対に行かない。どうしても行かなければいけない、行きたい時には顔などがわからないようにするなど、写真やビデオ撮影に備えることが重要。

顔が隠れている場合、十分な証拠となりえないことが多いので有効な手段といえます。ただ顔は隠したけど、持ち物や所有物などから個人を特定する方法もあるのでそういったことも気を付けるべきですね。

不倫中は証拠となる隠しカメラに注意

まさかの自宅に隠しカメラがあるなんて思いもよらないですよね。

でも自宅内に仕掛けられた隠しカメラの映像が証拠として提出される例は意外に多いのです。

自宅は容易にカメラを仕掛けられることもできますし、不倫相手を自宅に呼んで不貞行為を行う例が少なからずあることから、気を付けなければいけないでしょう。

隠しカメラの映像証拠は野外で取られたものよりさらに信ぴょう性の多寡ものとなるので避けたいところです。対処手段としては自宅に呼ばない。これしかないでしょう。

不倫中は証拠となる自宅で廃棄されたものや保管品に注意

例えば不倫相手に贈られたプレゼントの箱、包み紙など

もしくは領収書。

さらにはコンドームなど性行為のための品物を買った領収書、ホテルの領収書などが出てきたら大変。

不倫を疑う側は本格的な調査を依頼することが多いので、自宅での物品の廃棄には慎重になった方がいいでしょう。

不倫中は証拠となるメールなどの履歴も消す

通話履歴もやばいですし、メールの履歴も・・・・。芸能界ではニュースにもなりましたよね。

携帯電話のメール履歴などは、その内容によって単なる不倫にとどまらず。不貞行為の存在に繋がる内容にたどり着くことがあります。

例えば、添付した写真。お礼のメール。これらは裁判でも不利になる有力な証拠となってしまいます。

自分が気を付けていても相手にも履歴が残るので双方、気を付けないといけないのが厄介なところです。

不倫はバレることを前提に証拠は残さない

以上バレた時にやばいものを上げてみましたが、どうでしょうか?

何だそんなこと知っているというものばかりだったと思いますが、これらのことから不倫の証拠を掴まれることが多いから会えて出したのです。

バカにするなという声も聞こえそうですけど不倫は本当に証拠を掴まれるともろいです。だから絶対に気を緩めることが出来ない。

仮に不倫がバレたとしても裁判になることを想定して、リスク管理をしてあることが重要ですね。