不倫をする人には特徴がある、男女別の特徴とは?

不倫する人の特徴というのあります。 最近ではドラマでも通常に流されるようになりましたので、身近に感じるようになった不倫。

アンケートをすれば約4割ぐらいが経験がある、もしくは不倫願望があると答えたアンケートがあるくらいです。

不倫がそう珍しいものではなくなってしまいました。

そこで気になるのが不倫する人の心理です。

この記事を読んでいる人は今現在不倫で悩んでる人が多いかと思いますが、相手の気持ちも知りたい方も是非読んでみてください。

不倫する人の特徴男女別

愛するということは尊いことです。何が正しいのか何を間違っているのか判断は他人にはできないと思います。

ただ不倫という恋愛を選んだ場合に必ず傷つく人が出てくるのは理解できるでしょう。

それでも不倫をしている人、やめられないと言う人はいると思います。

一体どういう特徴を持った人が不倫をしやすいのでしょうか?またどのような特徴を持った人が不倫の道には入らないのでしょうか?

そんな不倫をしている人の特徴についてまとめてみました。

不倫する男性の特徴

まずは不倫をする男性の特徴からみていきたいと思います。

既婚男性が不倫をする場合

既婚男性で不倫をしやすい場合の特徴は下記の通りです

  1. 家庭がうまくいっていない既婚男性
  2. 必要とされたい頼りにされたい既婚男性
  3. 性欲を満たしたい既婚男性

を満たしたいという理由が一番多い理由かもしれません。肉体だけの関係性欲を満たしたいがために女性を騙してでも不倫をしたいという男性も多いのですぐ肉体関係を持ってる場合は要注意です。

独身男性が不倫をする場合

  1. 完全に割り切った肉体関係を求める独身男性
  2. 純粋で正直で甘えたがりな独身男性

独身男性が不倫をする場合は肉体関係のみを求めるが本気で好きになるかのどちらかです。

既婚女性が夢中になってしまうパターンが多いのでどんなにはまらないように注意しましょう。

独身女性を求む既婚男性の心理

  1. 独身女性を好む既婚男性の心理は
  2. 頼られることに快感を覚えてしまう
  3. 優位に立つことに優越感を覚える
  4. 男性としての魅力を再確認できる

といったところになるでしょうか。

要するに思うには独身女性と結婚したくて不倫をしているわけではありません。

不倫する女性の特徴

今度は不倫する女性の特徴を見ていきましょう。

不倫をする既婚女性の特徴

家庭を持つ女性で不倫しやすい場合の特徴は下記の通りです。

  1. 家庭がうまくいっていない既婚女性
  2. セックスレスである既婚女性
  3. いつまでも女性として扱われたいと思っている既婚女性

厄介なのは一番下です

不倫するには今のパートナーへの不満という動機があると通常は思いがちですが家庭円満であっても不倫の道へ進む人がいます。

それがいつまでも女性として扱われたい人です。

わかりやすい特徴としては露出が多い服装などをしている既婚女性は要注意です。

不倫をする独身女性の特徴

今度は独身で不倫をする女性の特徴です。

  1. 自分に自信がない独身女性
  2. 自分に自信がある独身女性
  3. 見た目は少々地味である独身女性

最後の見た目が少々地味であるという点は少し地味な方が手を出しやすく安心しやすいというのが原因のようです。

独身で不倫をする女性は少なくないですが、相手に流されることなく自分をしっかり持って欲しいと思うところですね。

本気になりやすい女性の不倫 

既婚独身関係なく共通して言えるのが、女性が感情豊かなの不倫に本気になりやすいというところです。

  1. 一人で過ごすことに耐えられない女性
  2. 執着心が強い女性

こんな特徴のある女性と不倫をする場合には抜け出したくても抜け出せない泥沼不倫になるので注意をしましょう。

不倫をしない人達の特徴

逆に不倫をしない男女というのもたくさん世の中にはいると思います。

そんな人たちの特徴をあげてみました

自分も他人も大切にする人は不倫をしない

恋愛は自由なものではありますが、人を傷つけてまでする恋愛というのは間違っているという考え方を持っている人達は不倫をしません。

そういった行為に走らない人に言えることは、自分も含めて人を大切にすることができる人です。

自分を大切にできる人ほど無理な恋愛はしないと言えるでしょう。

不倫された経験がある人は不倫をしない

不倫をする人は繰り返して不倫をしてしまいます。

ただされた経験がある人だふりをしない傾向にあるのです。

自分がされて辛い思いをしたことがある経験がある人は、自分がされて嫌なこと、傷つくことを相手にしないと言った思いやりのある行動をするので不倫をしません。

正直な人は不倫をしない

この場合はしないというよりもできないと言った方が良いかもしれません。

パートナーがいる時に他の人を好きになること自体ができないということです。

正直の人は、もし他に好きな人ができてしまった場合にパートナーに話してしまうのです。

ですから、パートナーと別れた後に新しい恋へ向かうようになります。

もしあなたが不倫で悩んでいるなら

不倫にはやはり様々なトラブルが付きまといます。もしあなたが今のパートナーとの不倫に悩んでいるのであるなら是非参考にして欲しいことがあります。

不倫されているかもと思ったら白黒はっきりする

あなたがパートナーの不倫を疑ったその日から、毎日疑いの目をパートナーに向け生活しているかと思います。

そんな毎日はすごく辛い日々だと思いますので、いっそのこと不倫されているのかいないのかをはっきりと問い詰めた方がいいでしょう。

不倫されていた場合は探偵事務所に相談

古いをはっきりさせるといっても様々な方法があります。

その中でも最も確実なのが探偵事務所に調査を依頼するという方法でしょう。

個人での浮気調査が大変危険を伴いますので時には大きなトラブルに巻き込まれてしまう可能性さえあります。

行き過ぎた調査は相手への何らかの権利侵害にあたるケースもあたりますので、金銭的な問題はありますが探偵事務所に力を借りることをお勧めします。

不倫されていた場合は離婚問題に強い弁護士に相談

パートナーが本当に不倫をしていたということが分かったのであればその後に選択肢としては二つあります。

  1. 不倫を許して夫婦関係を続けていく
  2. 離婚をする

ということです。

不倫を許して夫婦関係を続けるにしたとしても、不倫をしていた相手に慰謝料を請求することができます。

またパートナーにももう二度と不倫をしないという内容の誓約書を書かせることもできるのでそうした処置も弁護士をつけてやることで後々有利になりますのでしっかりとやりましょう。

とにかく不倫している相手にはしっかりとペナルティを与える必要はあります。

きっぱりと離婚する場合には その前に決めておくことはたくさんあります。

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 別居時の婚姻費用

少なく見積もってもこれだけあります。

早く離婚をしたいというのは分かりますがきちんと取り決めをしないで離婚を踏み切ってしまうと、後で損をしてしまうので必ず取り決めをちゃんとした上で離婚をするようにしましょう。

離婚調停が終わった後に話し合いに応じてくれる相手というのはほとんどいませんので、トラブルに発展する前に取り決めをしっかりやりましょう。

また必ず書面、離婚協議書に専門家の力を借りてきちんと効力のある公的証書を作成しましょう。

後で言った言わないもしくは書いていないと言われてしまった場合に公的な書類でないと効力がありません。

そんな馬鹿馬鹿しいことにならないように離婚する場合でも離婚しない場合でも、離婚問題に強い弁護士に相談することは非常に有効な対処方法になります。

競技の時点で相談していれば話がこじれて調停や裁判になった時にも相談できるので精神的にも安心です。

不倫で離婚を考えたのなら、なるべく早い段階から弁護士に相談することが泥沼になることを避けるためにも必要です。

一人で抱え込むよりも最適な解決方法を見つけられる可能性が高い弁護士に相談をしましょう。

不倫をする人の特徴についてのまとめ

もしあなたが不倫で悩んでいて不倫する人に当てはまってしまった人は、不倫をしない人の特徴を参考にしましょう。

不倫をした後になっていることも考えて自分自身を帰ることで不倫を抜け出せる可能性はあります。

割り切った関係だから大丈夫と思っていても影で傷ついている人がいるのです。

最初に書いたとおり恋愛に決まりはなく自由ですが、人を傷つけていいというわけではないのです。

不倫という恋愛には危険も伴いますし傷つける人が出てくるということをしっかり認識しましょう。

あなたが不倫をする人の特徴を知ることで少しでも変化が出るように祈っています。