不倫相手の既婚男性が距離を置くということはどういうこと?貴方のできることは?

既婚男性 距離を置く

不倫中の既婚男性は最初のうちはマメに連絡をしてくれたり、あなたと会ってくれたりしていたはずです。

ところがある日突然連絡がなくなったり、距離を置いて会うのを渋るようになったりするような行動は出ていませんか?

なんとなく距離を置かれてる、ちょっと不安。という方には参考になるかもしれませんので参考にしてみてください。

好きすぎて辛い、既婚者と別れられないあなたへ

既婚男性が距離を置くには訳がある

既婚男性があなたと距離を置くということには何らかの理由があるはずです。その理由を知っておけば今の不安もなくなりますよね。

家庭との板挟みで精神が不安定になっている

既婚男性が奥さん以外の女性を好きになるということは、奥さんを裏切っているということです。

初めのうちは盛り上がってるのでそのことに無頓着かもしれませんが、少しずつ恋愛感情が落ち着いてくると、不倫をしているということを訂正に考え様々な考えが巡り、不安になって今付き合ってる女性と距離を置きたいと思うようになります。

一つ嘘をつけばまた嘘をつかなければいけないという堂々巡りになっており、自分の中で何が真実で何が本当なのかも分からない状態となっていることがあります。

また嘘をつくという罪悪感で自分自身が許せなくなっており、家庭と不倫相手との間で精神的に辛くなってしまっています。

既婚男性はおそらく何かがあって不倫をしているのです。

しかし、既婚者ということで家庭に対する責任もあります。真面目で誠実である男性であればあるほど、家族や奥さん子供に迷惑をかけられないという思いはあるはずです。

しかし好きな女性に対して、そのような気持ちを打ち明けられず、両方のはざまでどんどん傷ついていくのです。

そうした場合にどちらを取るかといえば当然家族でしょう。

そして既婚男性は距離を置くと言う行動をとってしまうんです。

理想と現実の狭間で既婚男性が苦しむと、双方のプレッシャーから逃れるためにまずは不倫中の相手から逃れようと距離を置くことが考えられます。

この場合は、あまり無理をさせずに、見守ることが必要です。

しばらく冷静になって一度頭を冷やして距離を置いている時に、あなたも相手の既婚男性が不倫に対してどのように思っているのか、本当に本気なのかということを振り返ってみるのもいいかもしれません。

不倫を終わらせようと思うときはいつ?男性が別れを決めるのはいつ?

不倫をするのに限界を感じている

不倫というのは既婚者と既婚者、もしくは既婚者と独身者が関係を持ってしまうということです。

どちらの場合にも既婚者というものがいて、既婚者というのは結婚して居るので、パートナー以外に関係を持つことはできません。法律でこのことは明記されており、もし肉体関係を持ってしまった場合慰謝料などは発生することがあります。

要するに不倫にはどこかで限界がやってくるということです。

最初の頃はドキドキして盛り上がったかもしれませんが、恋愛感情が落ち着いた後には、二つの結論しかありません。

それは既婚者が離婚して不倫相手と結婚するか、このまま関係を続けて終わりまで行くかのどちらかです。

そう考えたときに既婚男性はどちらを選ぶのでしょうか?

よほどのことがない限り前者でしょう。

付き合っていたとしても混じり合うことは、可能性として少ないと既婚男性は感じているはずです。

女性はそれを信じて付き合うんでしょうが、付き合いが長くなればなるほど不安は募るばかりです。

徐々に二人が描いている未来というのが違っていけば、別れという結末に向かうのは当然のことでしょう。

好きだけど別れる既婚者たちの本当の心理は?不倫は成就しない?

既婚男性と別れることを決める?

既婚男性が距離を取り始めたら、女性の方から別れを話した方が実はすんなりいくことです。 

このまま不倫関係を続けたとしても、年を重ねるだけでだんだんと気力さえも失ってしまいます。

そうなってしまえば無駄な月日を過ごしてしまったぞ後悔するばかりです。

相手の既婚男性が好きで好きでしょうがないということもあるかもしれませんが、高圧つけても同じことの繰り返しになるというのなら自分が壊れる前に別れるのが正解だと思います。

既婚男性に夢中だとどうしても他の男性に目がいかなくなることはあるかもしれません、しかしあなたの周りには独身男性がたくさんいるのです。

不倫の場合普通の恋愛よりも制限がたくさんあります。

そのような恋愛をしてもあなた自身が楽しいのでしょうか?

実際に相手と一緒になれたとしてもクリアすることが多すぎてその間に崩れてしまうないでしょうか?

それに見合う相手なのか?じっくりと見極める事が必要です。

自分の中でなかなか答えが出ないかもしれませんが、こんな時こそ信頼のできる人に相談してアドバイスをもらうということも必要なのかもしれません。