割り切り不倫とは?ドツボにハマらない不倫というのは本当?

不倫 割り切り

割り切り不倫というのを知ってますか?割り切り不倫とは、 そのまま通り割り切った関係で不倫を楽しむということです。要するに相手には本気にならず、ちょっと距離を置いた恋愛関係で不倫を続けるということを割り切り不倫と言います。

そんな割り切り不倫について調べてみました。

普通の不倫と割り切り不倫の違い

不倫というのも成就することはほとんどありません。結局は誰かが傷ついて何らかの原因で破局をしていくのが不倫というものです。

普通不倫相手との恋を成就させようとするの不倫ですが、割り切り不倫は間違っています。

最初から不倫相手と恋愛をしているのではなく、関係最多持っていればいいという不倫なのです。

割り切り不倫とは

割り切り不倫とは、最初からお互い不倫関係以上望んでいない不倫男と言います。ですから別れる際にもあまり泥沼化しません。

はっている時だけお互いが楽しめればいいという考えなのです。

割り切り不倫をしている時の家族との関係は?

割り切り不倫とはいっても不倫には関係ないので、もしパートナーにばれた場合には離婚や慰謝料など様々なトラブルに発展することは間違いありません。

お互いの家庭に迷惑がかかることは認識しておかないと、そんなつもりはなかったと言い訳したところで通用しません。

割り切り不倫と普通の不倫の違いとは?

割り切った関係 どんな関係なのかイメージができない方も多いと思うので、割り切り不倫について詳しく説明していきます。

ワンナイト系の割り切り不倫

普段不倫をしたいと思っていても実際に不倫を始めるには相当の覚悟が必要なので行動に移す人はほとんどいません。

しかしあるきっかけで1度だけという気持ちがちしてしまった場合、ワンナイト不倫はハードルが低くなってしまいます。

関係はは長期化することがないので本当に割り切り不倫と言ってもいいでしょう。

一晩だけの関係を楽しもうと考える人は世の中には結構多いのです。

別れの際、泥沼化しない割り切り不倫

どちらか一方が不倫相手に本気になってしまうということはないのですがなってしまった場合には普通の不倫であれば泥沼化する確率が高くなっていきます。

別れたくないので会社や家庭に全てばらすというような脅しをかける場合もあるのが普通の不倫です。

しかし割り切り不倫であればそういったことがなく後腐れなく別れることができるのが特徴です。

最初から不倫だけという関係なので別れる際にもすんなり別れて行きます。

割り切り不倫は目的が決まっている

割り切り不倫は普通の不倫と違って、 不倫の目的が決まっています。

遠くに肉体関係だけの場合はそれ以上を求めないと言う取り決めをしているカップルがよくいます。

常に一緒にいたいなどという要求が出てきてしまうとすごくリスクも高くなるので最初から肉体関係だけだという関係であれば後腐れもないというのが理由のようです。

割り切りは不倫別れることがあまりない

不倫したい人にとって割り切り不倫のいいところは不倫関係がばれづらい点になります。

お互い割り切った関係のために、人に連絡を取り合ったりすることもありません。

不倫相手の行動に一喜一憂することもなく普段通りに過ごすことができるので周囲にバレにくいのです。

割り切り不倫は普段交流がない人が多い

割り切り不倫の関係を持つ二人はそれ以上の関係を望んでいないために、どんな人と不倫をしたとしてもバレなければその後の生活に支障はないのです。

交流がない人だからこそ普段と違った刺激がドキドキを味わうことができるというのは割り切り不倫の利点だそうです。

割り切り不倫は家庭に干渉しない

不倫をすることで一番気をつけたいのがパートナーにバレるということです。

不倫をしていると相手の家庭を壊そうと離婚を迫る人もいますが、割り切り不倫の場合はお互いが相手の方で干渉しないことが前提となっているために、リスクが少なく不倫しやすいのです。

割り切り不倫をやめるタイミングとは?

割り切り不倫をやめるタイミングとはどのようなタイミングなのでしょうか?

現在不倫相手と関係に悩んでいる方は是非読んでください。

相手に性的魅力を感じなくなった時

不倫相手に性的魅力を感じなくなったり、肉体関係に飽きてしまったら関係を続けていくメリットもなくなります。

不倫は普段と違う刺激的な関係があるために燃えやすいのですが、冷めるのも早いです。

特に割り切った関係の不倫であれば尚更だと思います。

相手が本気になった時

割り切り不倫なので相手が本気になってしまった時には、不倫のやめどきだと思います。

不倫関係で相手が本気になってしまうと自分の家庭が崩壊してしまう可能性がありますし、余計なトラブルの元となる危険性があるので、これ以上深みにはまらないうちにすっぱいと縁を切るのが得策でしょう。

ばれそうになった時

割り切った関係とはいえ配偶者や家族にとって不倫といえば不倫です。

万が一不倫がばれてしまうと家庭が崩壊して今まで通りの生活をしないことになってしまいます。

そんなことは望んでいない割り切り不倫なので、周りにばれそうになった時は関係を解消するちょうどいいタイミングだと思います。

割り切り不倫がバレた時の対処法

バレる前に関係解消をしておこうと思っても、ばれてしまった時にはどうすればいいでしょうか?

とにかく反省して謝る

不倫相手に気持ちが全くなくても、不倫という行為自体をしてしまったので誠心誠意謝ることが大事です。

最初は怒られたり暴言を吐かれたりするかもしれませんが、不倫をしてしまったのですからそこはぐっと我慢して言い訳や口答えをしないようにしましょう。

とにかく本当にすまないという気持ちが相手に伝わるまで謝り続けることが大事です。

弁護士に相談する

不倫がバレたことで高額な慰謝料請求される可能性もあります。

そのような事態になる前に早めに弁護士に相談することをお勧めします。

不倫がバレた場合の慰謝料は50万円から200万円になりますので、いきなりそのような金額を請求されても困るかと思います。

弁護士を挟むことによって慰謝料の減額も見込めるため法律のプロである弁護士から事前にアドバイスをもらい、慰謝料の話になった時落ち着いて対処しましょう。

割り切り不倫のまとめ

割り切り不倫と普通の不倫との違いは分かったかと思いますが、知っている方は違うと思っても、されている方は同じです。

お互い家庭を壊すつもりはなくて始めた割り切り不倫であっても、いつ何が起こるかわかりません。

相手が本気になってしまったり、配偶者にバレてしまうたいということは十分考えるべきことです。

不倫がバレたことで離婚問題や慰謝料請求されるようなトラブルが発生した時には、そのようなことが起こる前にすぐに弁護士に相談しておくべきでしょう。

早めにそうした対策を打っていることで慰謝料減額できたり、話を有利に進めたりするようにできることがあります。

リスクがあるからこそ止められない不倫なのかもしれませんが、ばれてしまった時のこともきちんと考えておくことをお勧めします。