奥さんと仲がいいのに仲が悪いという不倫相手の心理

奥さんと仲がいいのに

相手の不倫相手の既婚男性は、自分の奥さんと仲が悪いと普段は言っていても、実は仲がいいことがあります。

奥さんのいる既婚男性と不倫するということはリスクが高いですが、それ以上に相手の気持ちが本当にあなたに向いているのかということは気になりますよね。

なんといっても奥さんとの仲が良いというより悪いほうが、あなたに有利ですし、不倫をしているのであればあなたに気持ちが向いていないと寂しいです。

不倫をしている男性はほとんどの人が何らかの理由を持っているのですが、「奥さんとうまくいっていない、仲が良くない」と仲がうまくいっていないことをアピールするのが定石。

今回は本当に奥さんと不仲なのか?仲がいいのに不倫をする心理は何なのかを探ります。

不倫していても奥さんと仲良しな既婚男性は何を望んでいるの?

既婚男性が本気になったらどうなるの?仕草と態度から気になる相手をチェック

奥さんと仲がいいのに不倫する男性心理

奥さんと仲がいいのに嘘をつく

それは、あなたが奥さんと仲が悪いと思っていたほうが、あなたの気持ちがこちらに向いてくれるからです。

要するに都合よく考えているのです。

相手の既婚男性が嘘をついてまで、奥さんと仲がいいのを隠すのかは、実はあなたのことが好きだからです。

好きだから、仲がいいのがばれると困るのです。

妻との関係が良くないということを前提にすれば、不倫をしている相手の女性も男性に接しやすくなり、同情が愛に代わるのでいたわってほしいと思っています。

男性としても女性を安心させるために嘘をついているので、都合よく浮気をして不倫関係を続けるという打算さえ働いています。

既婚者の男性が奥さんの話をしない時、嫌がる時の心理

嫉妬されたくないから

女性のやきもちや嫉妬ははっきり言って男性からすると面倒です。

男性からすれば、家庭があるのでその過程に関して嫉妬されることは嫌ですし、家庭のことは家庭で忘れたいから不倫関係を結んでいます。

しかし、奥さんや家族にやきもちを焼かれたり嫉妬されるということは、男性からすればどうしようもないことなので、変なストレスを抱えたくないと思っています。

不倫相手は不倫相手、奥さんは奥さんで分けておきたいのが不倫をしている既婚男性なのです。

嫉妬するより愛情を自分に注いでほしいと既婚男性は思っています。

奥さんの話を不倫相手から聞きたくない時のかわし方

本当のことを言う必要性がない

不倫をしている男性は本当のことを女性に言う必要はないと感じています。

不倫は全く別物、真実を語る必要はないのです。

奥さんに対して求めるものと、不倫相手に求めるものが初めから違うので、本当のことを話して相手を困惑させるより、嘘をついてでも関係を続けたいと思っているのです。

普段結婚生活でストレスを感じているからこそ、不倫をしているときは自由でいたいと思うので、奥さんと仲が良くてもそのことは別に話す必要がないと感じています。

奥さんと本当に仲が悪いのなら

奥さんと不倫相手が本当に不仲なら

  1. 家に帰らない
  2. いつでも連絡が取れる
  3. 体の関係をちゅうちょなく求めてくる
  4. 奥さんとの連絡の様子がない
  5. 食事はいつも外食
  6. 自宅に連絡しても問題ない
  7. 夜遅く帰っても平気
  8. お泊りも平気
  9. 奥さんの行動を知らない
  10. 奥さんが実家にいる
  11. イライラしていることが多い

といったことのうちほとんどが当てはまるでしょう。

本当に仲が良ければしないような異様なことをしているなら奥さんとは仲良くなく、本当に離婚寸前かもしれません。

そうしたことは行動に出すのです。

こうした行動もなく「奥さんと仲が良くない」と言っているなら怪しいですが、行動も伴っているなら、あなたとの生活を本当に望んでいるので、苦しい不倫関係もあと少しかもしれません。

不倫中の相手を奥さんより優先している男性のサイン5つ