女性に嫌われる喪男子、モテない男の特徴と行動あるある

【喪男と呼ばれる定義】

  • 女性との交際経験が無い(いわゆる「彼女居ない歴=年齢」)
  • 告白されたことが無い
  • 女友達がいない
  • シロウト童貞以外の童貞(「真性童貞」とも)であること。

さらには、モテたいという気持ちを失っている(あるいははじめから持っていない)
現実に存在しない女性(いわゆる「二次元」)に憧れ、現実の女性に絶望している(「理想の女性がいない」などの理由)結婚をあきらめる(「一生結婚しない」と開き直る)といった特徴があります。

残念なことに、モテない喪男には共通点が・・・。

それは下心ありありのアプローチや、チキンすぎる行動…。いろいろとありますが、今回はモテない男の特徴と行動を書いてみたいと思います。

浮気の定義とは、知らないと損する浮気の境界線

浮気の定義とは、知らないと損する浮気の境界線

2019.04.08

モテない男「喪男」の特徴と行動

自分の事を話しない

せっかく女性からアプローチがあっても「まあ、別に」みたいにすぐ終わる会話してませんか?

女性からせっかく話しかけているのに、話を濁したり、会話が続かないと「もう話しかけるのやめとこ」「ノリワル―イ」と敬遠されるようになります。

喋れない理由は

  • 引っ込み思案
  • 何を言っていいのかわからないし、変な答えをして引かれるのが怖い
  • 普段していることはばらしたくない
  • テンパってる
  • クールを装う

など理由があるにしろ、女性にとってコミュニケーションは重要なんです。

ミステリアスなクールな男というのは漫画の中だけでモテます。

ぶっちゃけイケメンだけが使える武器

我々凡人はコミュニケーションを利用して女性を気持ちよくさせないと絶対に勝利することは不可能だという事を肝に銘じておきましょう。

優しいといわれる男

優しいねといわれて喜んではいませんか?本音で優しいねといわれていることもありますが、本音は「とりあえず、褒めるところがないから優しいといっておくか」が本音のことが多いのです。

  • 面白い
  • 男らしい
  • 頼もしい
  • 決断力がある
  • 行動力がある
  • 友達想い

といった誉め言葉は本当の誉め言葉。

優しいは微妙なのです。

肌が汚い

汚いと女性は生理的に受け付けてくれません。

どんなに面白くても「汚い」で終了。

髭などもちゃんときれいな髭がありますが…無精ひげは…。

モテたいなら清潔感が大事!これ基本です。

モテ男になりたいなら外見から!

惚れっぽい男はモテない

これは完全に昔の私…。今も治ってないかな‥‥。

好みの子を見るとその子しか見えなくて猛烈アタック!

なんてことしてません?

連絡先を聴いたら速攻で連絡とかしてません?毎日してません?ウザいと思われていませんか?

まだ信頼関係が出来ていないのにデートに誘ったり、早すぎるタイミングで告白するなど・・・・NGな行動をしてしまっていませんか?

恋愛をしたい、彼女が欲しいという気持ちはわかりますが、距離の詰め方、感情のコントロールを身につけないとえらいことになります。

モテるためには感情のコントロールが大事。

暴走してはいけないのです。

行動をしない、中途半端な男はモテない

中途半端に何となく行動しているようなふりをしていることってありませんか?

例えば・・・・勉強してるふり。一生懸命やっているふり。

こういう中途半端な行動は「小物」と女性は見ます。

中途半端な行動は絶対ばれるのです。まずは全力を出して結果が出なくても、やりきることを習慣としましょう。

そうすれば本当の行動力が身につきますし、そうした男に女は惚れるのです。

女性は「君が必要だ!」と男性からプッシュされて初めて恋に落ちるもの。

そうしたことをしないのは一生非モテの童貞です。

まとめ

モテない男をだしゅつするには2つの事を注意しましょう。

  • 恋愛の知識
  • 恋愛の実戦経験

恋愛の知識は、当サイトでも本屋でも、勉強をしようと思えばどこでもできます。

そして、勉強をして攻略方法が解ったら、実際にそのテクニックを使ってガンガン女性にアプローチをして、経験値をあげることでオリジナルを会得し、モテ男への道が開けていくのです。

是非!恋愛知識と恋愛の実戦経験を増やしモテ男に変身してくださいね!
今なら無料会員登録でお試しポイントが貰えますから、会員登録後、すぐに女の子にアプローチすることが出来ますよ

「でも、マッチングサイトを使った事がないから不安」
「使い方がわからない」

という方向けに、管理人が実践で学んだ口説くコツやマッチングサイトの使い方を、下記の記事で特集しています。参考にしてください。

何もしなければ何も起こらないし、変化をするためには一歩踏み出す勇気が必要ですよ。