好きだからこそ連絡しないの真実!複雑な男の恋心

好きだからこそ連絡しない

好きだからこそ連絡しないという男性がいますが、恋愛の初期で女性からすると不安で仕方がないですね。

何で好きなのに両思いなのに連絡してこないのと女性からすれば思いますが、女性からすれば男性の恋愛心理は複雑です。

今回は好きだからこそ連絡しない男性の恋愛心理についてご紹介します。

既婚男性が恋に落ちる瞬間が言葉でなくてもわかる、心理、行動とは?

既婚男性の心理と恋愛になった時の行動の特徴とは?

好きだからこそ連絡しない男性の恋愛心理

恋愛心理では駆け引きが必要となってきますが、変化を持たせることで相手に動揺を与えるというのがこの好きだからそう連絡してこない時の駆け引きです。

ただ無頓着な男性もいるので駆け引きじゃなくて違うことで連絡してこないこともあります。

女性としてはそういうことを知っておくと少し落ち着けるのではないでしょうか。

既婚者の男性を恋愛で本気の男性に変える恋愛心理学

用事がある時しか連絡しない

よくあるパターンですが全く何も考えておらず、用事がある時にしか連絡してこない男性と思います。

最初の頃は頻繁に連絡をとっていたかもしれませんが、飽きたというのではなく、ただ普通に戻ったと考える方が妥当でしょう。

他に好きな人ができたわけではないので動揺する必要はありません。

男性とすれば用事がある時以外は連絡しなくていいと考えている人が多いのです。

特に仕事などで頻繁にいろんな人と連絡を取っていたりすると、たとえそれが家族もしくは恋人であっても必要最低限のことで済ませたいと思ってしまうのです。

付き合っているのに恋人なのにということは男性には関係ありません。

別にこのぐらいで大丈夫だろうとあなたの事を信用しているからこそそういう風な連絡になるので、あまり気にする必要はないと思います。

相手の気持ちが分からない時に気持ち確かめる方法とメールの仕方

恋愛の駆け引きをしている

このあたりになると恋愛でもだいぶ女性との付き合い方を知っている男性がやるパターンです。

わざと連絡をしないことで愛情表現を確認しています。

普通男性から連絡がなくなれば女性がどうしたんだろうと、思うのは当たり前。

なので連絡をすることになると思うのですが、その時に自分の方に気持ちが向いたら連絡が来るのかそれとも 内容はどんなものかを確認しているのです。

そしてもしその連絡方法を選ん連絡内容が自分に向いた連絡であるならば男性がほっとします。

好きだからこそ連絡をしないという男性の恋愛の駆け引きです。

特に自分に自信があったり逆に自信がなかったりする場合にある方法なので、別にあなたのことが嫌いなわけではありません。

プライドが高い

一番面倒くさいと思うのがこのタイプです。

プライドが高いので自分の方から連絡するというのがなんとなく嫌。

特に用事が良かったり持ってたりする男性はこのタイプがあります。

常に女性にちやほやされていたいという要求があるのと、自分から連絡するのはちょっとかっこ悪いと思っているような恥ずかしい家であります。

好きなのにプライドが邪魔して素直になれず女性から連絡してくるのを待っているという心理です。

追われたい

追いかけるより追われる恋をしたいという男性に多いタイプです。

わざと連絡してこないという場合もあるようですが、愛情確認をしている感覚に近いのですが、愛情確認をしたい男性の場合、女性からの愛情が分からない時に行うことが多いです。

追われる恋をしたい男性の場合、自分の存在確認や、自分が自信を持つたいという自分の欲求があるので、女性とするといつも立ててあげなければいけないタイプでもあります。

自分自身に自信がないので自信を持たせてあげることが必要です。

気を使っている

特に両方離れて暮らしていたり、仕事をしたりしていると、連絡するタイミングというのが難しいです。

そうなるともしかしたら疲れているかもしれないというような気を使って、好きな人でも連絡を躊躇することがあります。

自分の 負担になるかもしれないと考える男性は優しい男性です。

連絡したい気持ちはあるけれど、迷惑にならないかなと気を使ってくれていることもあるので、連絡がないなという時は自分から連絡してあげましょう。

まとめ

好きだからこそ連絡しない男性というのは様々な事情を持っているようです。

恋の駆け引きだったり、気を使っていたり、または何も考えてなかったり。

女性が思っているような気持ちでないこともあるかもしれませんが、好きな男性のタイプというのを考えて、今どういう感じなのかなというのを想像してみるのもいいでしょう。

連絡がないから嫌われているとネガティブに考えるよりは、自分の方から素直に連絡してあげた方がいいかもしれませんね。