好きだから会わない既婚男性たち、不倫相手と関係を終わらす理由

好きだから会わない既婚

不倫関係を終わらせる時、理由がさまだのですし色々な感情がある中でシチュエーションだって違ってきます。

上司にばれたから、家族にばれたから、奥さんにばれたから、嫌いになったら、新しい相手ができたから、様々な経緯がありますがその原因は一つではないのです。

今回は好きだから会わない既婚男性ついて変えてみました。

好きだから会わないというのはなんだか言い訳のように聞こえますが実は様々な感情がその裏にうごめいているようです。

今回は実際にあった話を元に進めたいと思います。

好きだから会わない理由1

「好きだから会わない」矛盾した考えですが、今から紹介する男性は奥さんと結婚する前に友人たちとの合コンでその女性と会いました。

既に結婚が決まっていたので5人参加した合コンで気が合う女性がいたくらいのことにしか持っていませんでしたが、何回もデートを重ねるうちに予想外に気がないそして 肉体関係を持つとは相性が非常に良くそのまま関係を続けていました。

しかし結婚し 元々不倫をしようとは思っていなかったので奥さんとその不倫相手の間で非常に悩むようになり彼は結論を出したのです。

その結論こそが本当に好きな女性だからこそ不倫という関係で相手を縛らないという結論です。好きだから会わない。好きだからこそ本当に守りたい。そうした感情から不倫というのを終わらせたのです。

好きだから会わない理由2

次に紹介する男性は5年という長い不倫期間をえていました。時には喧嘩をしたりしながらも二人の関係は5年も続きいつまでもこのまま離れられないんだろうと思っていたそうです。

相手の女性は非常に尽くしてくれる女性でいつでも話を聞いてくれたりサポートしてくれる女性でした。

しかしその女性が30代になった時に自分が彼女の人生を縛り付けているのではないかとふと思ったそうです。自分は本当に離婚して彼女と結婚する気があるのだろうかということも真剣に考えるようにもなりました。

口先だけで離婚すると言いながらもう5年経ち、本当は自分はそんな気はないのだと自覚した時に不倫相手に本当に申し訳ない気持ちになったそうです。

彼は心から不倫相手のことを愛していましたが今更自分の家庭を壊すと言う勇気がなく、このままズルズルと相手を縛りつけておくことに罪悪感を覚え彼女を手放そうと考えました。

自分では彼女を本当に幸せにしてあげることができないと悟ったのです。

別れる時に好きだから会わないとはっきり言ったわけではないのですが不倫している相手のことを本当に幸せにしたいと思った結果好きなのに別れるという結論を出したのです。

好きだから会わない理由3

今から紹介する 一度は不倫をしていたのがバレてしまった経験がありました。しかしその不倫相手の事が忘れられずにしばらくしてから連絡を取るようになり、家庭が入った落ち着いたら40代に再び関係を持つようになりました。

一旦お別れお互いがお互いの人生を歩むことを決めたのですが忘れられなかったそうです。

運命というのはいたずらでそんな二人をある時巡り合わせてしまい再び関係を持たせてしまったのです。

しかしそんな時にあるデパートで不倫相手が子供と一緒にいる姿を目撃したそうです。最初に不倫をしていた時に不信になった彼女は既に結婚をし一人のお母さんとなっていました。

そうした現実を目の前で見せられたら彼は彼女のことが好きだけど彼女の幸せを奪うことにもなる子供の幸せを奪うことになると考えて会うことを辞めたそうです。

好きだけど会わない理由4

不倫をしている時に相手が自分のことを思いすぎて重くなることがあります。

今から紹介している男性はそんな思いから好きだけど会うことを辞めたそうです。

彼としてはいつか奥さんと別れて不倫相手との未来を想像していましたが常に相手からのプレッシャーを受けいつ別れるのかということで悩むようになりいつしか守りの姿勢になったそうです。

彼女からのちょっと痛い早く奥さんと別れてほしいという強い思いは逆に彼にとってはもし隣唐突な別れになってしまいました。

もちろんは彼はつらかったそうですが不倫をこのまま続けることことも彼にとっ ありがたいことで相手にも何とか別れを承諾してもらったそうです。

不倫を始める時も終わらせる時も勇気が必要ですが別れを出来る綺麗にするためにも好きだけど会えないと言った矛盾する思いを伝えることでお互いに納得し不倫相手のことを思っているとは思ってもらい綺麗に別れることができるのです。

好きだけど会わないのは?

不倫を終える時に好きだから会わないと答える既婚男性について紹介してみました。

相手のことを本当に思って別れる既婚男性。不倫している相手から逃れるために嘘をつく既婚男性。様々な男性がいますが同じ言葉の裏には様々な思いがあります。

不倫関係だろうとちと愛した女性に心の底から幸せになってほしいと思うからこそ出る言葉なのかもしれません。

もしあなたがこのような画面に出会った時にはその言葉にある気持ちを察してあげましょう。