好きだけど別れる既婚者たちの本当の心理は?不倫は成就しない?

好きだけど別れる 既婚者

不倫をしている多くの人が恐れていることは不倫相手との別れ

不倫での別れの原因はいくつありますがそんな別れの原因の中でも女性としては納得のいかないのが「好きなのに別れる」という状況です。

  • 本当は好きだけど家族のことを優先して別れる
  • 本当は好きだけど子供のことを優先して別れる
  • 本当は好きだけど仕事のことを優先して別れる

そんなことがあると思いますが今回はそんな時の男性の態度と身について御紹介したいと思います。

別れの原因について納得がいかない時には彼はまだあなたのことが好きなのに別れる決断をしている可能性もあるのです。

あなたが別れを告げられた後にどのような感情でどのような行動に移すべきなのかは彼の態度を確認してから取った方が良さそうです。

浮気相手に恨まれない切るタイミングと別れの言葉

好きだけど別れる既婚男性の心理 

別れる理由がはっきりしない時

不倫をしている既婚男性があなたに別れ話をしているのにはっきりした理由を言わないのはきっとあなたに言いづらいことがあるのです。

それはあなたを愛しているけれど優先しなければいけないことができてしまったことが理由でしょう。

具体的なことを言われればきっとあなたは納得するのでしょうが相手の既婚男性が別れるのに転売であればそこには納得できるわけがありません。

それでも別れると言う理由ははっきりと彼から伝えられないのであればおそらくその理由を言うことによってあなたが傷つくことを相手の既婚男性は恐れているのです。

最終的に彼女よりも家族を選ぶのであれば最初から不倫なんてしなくて良かったかもしれませんが不倫という状態になってしまった今あなたを傷つけたくないという思いからの男性の別れの言葉ではないでしょうか。

はっきりとした話をしないことでおやめにしてあなたを傷つけないようにしようという判断おかれましているのかもしれません。

不倫相手の既婚男性が距離を置くということはどういうこと?貴方のできることは?

別れる話の時に涙を見せる

別れようという話をしているのに相手の既婚男性の目には涙が浮かんでいるなんてことは想像できるでしょうか?

家族を持った責任はこのまま文を続けていくことで不倫がバレてしまった時にはあなたにも迷惑をかけるしリスクが高いということをしっかりと認識して別れの決断をしたという思いがこの涙にはあります。

本当は好きだけど別れるという決断をした既婚男性は辛くてしょうがないのです。

男性からの別れ話 とはいえ女性の前で涙を見せるというのははっきり言ってみっともない行為ではありますがそんな気持ちと裏腹に家族を選んだと言う後ろめたさとあなたに対しての謝罪の意味の涙でしょう。

特に真面目である男性であればあるほど不倫をした時に切なくつらい結末が待っているのです。

別れた浮気相手へ連絡する?別れても連絡する男の心理

別れの理由をいくつもあげる

別れ話をしている最中にいくつも別れについて習いたててくる前には本当は好きだけど別れる してしまってつらいという思いが詰まっています。

人は自分に嘘をつく時そして人を騙さなければいけない時にはいつも以上に饒舌になるのです。

聞かれていないことも話してしまい別れ話を成立させようとついつい話が進んでしまいます。

不倫を解消することは男にとって女にとってもお互いに原因があるのですが男性からの別れ話の場合明確な理由があるというのが本当です。

本当は別れたくないという気持ちをあなたに悟られてしまいたくないという思いからいくつもいくつも理由を挙げなんとか傷つけずにこの不倫を終わらせようという思いがあるのです。

別れ話の最後にあなたに触れる

別れ話が終わった後に最後にあなたの顔を触ったり握手をしたり抱きしめたりすればそれはまだ本当は好きだというサインです。

本当に最後だと思うと切なくてしょうがないのです。

それでも優先しなければいけない家族のことや仕事のことを思うと今回は彼の決断をしなければいけなかったという自分を責める気持ちがどうしても最後に現れてしまいます。

しかしこの時の相手の心境としては決断をしたので復縁を求めるようなことをしてもきっと相手の既婚男性は変わることはないでしょう。

彼女のことを考えている

既婚男性不倫相手の女性をもうあまりに自分の気持ちを押し殺してでも不倫をしている女性の幸せを考えた行動を起こそうとする矛盾した生き物です。

自分が既婚男性であるために彼女に幸せを与えることができないという罪悪感からこういうことをしてしまいます。

彼女のことを本気で守りを持っているから既婚男性は自分の気持ちを押し殺してでも不倫を終わらせて相手の女性を幸せにしたい思う心理状態になっています。

女性がこうして見るとは本当に幸せになるというのは既婚男性が奥さんと離婚して自分と一緒になることだと考えていただけに裏切られたという思いがあるのかもしれませんが男性からするとそうではないのです。

既婚男性が不倫相手の女性を本気で愛してしまった中でこれから先は未来を見てどうしても決断しなければいけないときがあります。

それは先ほども書いたように離婚をするか今の不倫相手と別れるかという二つの選択肢です。

ですから未来を考えた時に女性の幸せを願ってこの文を合わせるという決意を固めた時にはあなたの幸せのことを本当に思っていると思っていいでしょう。

本心を分かってほしいと思う

既婚男性が女性のことをまだ好きだけど別れなきゃいけない時には怒りをぶつけてしまうこともあります。

幸せにしたいけどできないという自分に対してもそうですしそうした思いをわかってほしいのにわかってくれないあなたに対しての怒りというのもそうです。

また女性を思う気持ちがあるから既婚男性は態度として怒ってしまう感情を見せてしまうのです 。

自分の気持ちがどうにか相手に伝わってほしいという本心から思っていることで男性は本当にあなたを傷つけたいと思って怒っているわけではないです。

女性でも男性でも怒りという感情は相手に対して傷つける時の怒りと相手のことを思っているのに理解してもらえないという絶望感からくる怒りがあります。

別れ話をするときの既婚男性はあなたを本当に思い幸せになってほしいという思いから話をしているのにあなたが分かってくれない理解してくれないという絶望感を感じているのかもしれません。

既婚男性は心から望み怒りという漢字を見せて別れる方法を取ってなんとか幸せになって欲しいと思っているのでしょう。

別れを告げられた男の心理とは?不倫相手の事どう思ってる?

別れ話の時の態度や心理をもう一度思い出してみる

本当は好きだけど別れる男性の態度や心理についてご紹介してきました。

別れ話をしてきた時の彼の態度をよく思い出してみましょう。いつもと違う不自然なところ違和感なところはありませんでしたか?

今まで不倫関係とはいえ恋愛をしていた相手です。心を通わせてきた相手なのです。その男性が別れの話をしてきた時にどのような態度だったでしょうか?

きっと男性の切なさやつらさといった気持ちはあなたも気付いたはず、その心理は相手の既婚男性が自分の家庭を選んだという真実を物語っています。

不倫の終わり方としては最も切ない終わり方です。

相手の既婚男性にとってはあなたにとってもすっきりと納得いくような終わり方ではないのですが、決断をした既婚男性の思いを汲み取ってあげることも大事でしょう。

本当は好きだけど別れる男性との不倫の終わり、終わってしまった不倫についてこれからあなた自身がどのように向き合い今後どのように進んでいくのかゆっくりと考える必要があるかもしれません。

そうしたことで男性の思いを感じて幸せに近づくのかもしれませんね。