好き避け?女性が好きなのに逃げる理由は恋愛感情の時差が原因だった!

好きなのに逃げる行動を「好き避け」と恋愛心理では言うのですが、恋愛の最初の段階は男性からのアプローチが必勝方法なのに「逃げられてしまう」といきなり心が折れてしまいますよね。

実はセオリーとしての「男性から積極的にアプローチする」というのは間違っていません。

私も、恋愛初期の段階で盛り上がって、「がっついてる」状態は避けて、「がっついてない」のに女性の反応がいまいちで「え~~」という経験が何度かあり、「あれ?おかしいな?感覚としてはいいのに?なぜ?」と思うことがありました。

しかし、女子が逃げるのには理由がありましたのです、この現象が起こる原因は男女の恋愛感情の育つスピードの違いにあったのです。

何で女性が逃げるの?と思っている方、理由は男女の恋愛感情の育つスピードの違いに合ったんですね。

今回は、どうしたらそうしたタイムラグをうまく利用して、彼女に出来るかを解説したいと思います。

初エッチでも大丈夫!相手との相性が抜群に良くなる5つのポイント

初エッチでも大丈夫!相手との相性が抜群に良くなる5つのポイント

2019.05.07

男女の恋愛感情の高まりの時差

モテる

 

これは恋愛行動の進展において男女の恋愛感情の高まりの時差を表した図です。

男性は出会ってからすぐに恋愛感情が上昇するのに対して、女性は最初はゆっくり。そして中後期段階から一気に上昇します。

最終的には男女とも同じレベルまで感情が高ぶるのですが、この時差を理解していないと、いくらがっついていないといっても、女性はは距離を取りたくなって逃げてしまうのです。

解りやすく説明すると

1、初期段階:出会ったばかり、連絡先交換、メールのやり取り程度

男性の恋愛感情:♥♥

女性の恋愛感情:

2、中初期段階:初デート

男性の恋愛感情:♥♥♥♥

女性の恋愛感情:♥♥

3、中後期段階:2回目のデート

男性の恋愛感情:♥♥♥♥♥

女性の恋愛感情:♥♥♥

4、後期段階:エッチ後

男性の恋愛感情:♥♥♥♥♥

女性の恋愛感情:♥♥♥♥♥

初期段階では男性は恋愛感情が盛り上がっているのに、最終段階の肉体関係(エッチ)の後では女性の恋愛感情が一気に上昇しています。

これは男性はどうしても肉体関係(エッチ)が目的なので初めから感情が高ぶりますが、女性はそれよりも感情を揺さぶられるプロセスを踏まないと最終段階までいかないという事を示しています。

男性は目的を達成すると冷める傾向がありますが、逆に女性は好きだからエッチをしたと理由付けをするので、せっかく付き合っても男性が冷めて振ってしまうケースも、この時差を見るとよく分かりますよね。

男女の恋愛感情の高まりの時差を知れば、恋愛は怖くない

女性は基本的に怖がりです。

だから、距離が近いと女性は逃げてしまいます。これは本能的なことなので、急に距離を縮めてくる男性のことが怖くなるのです。

また、下心丸出しで会ったり透けて見えると女性は逃げます。

恋愛は男性からアプローチしないと始まりませんが、男女の恋愛感情の高まりの時差を踏まえないと成功しません。

「内側は熱く盛り上がっても、表面は女性と同じくらいに!そしてトークで相手を揺さぶり、最後にエッチに持っていく」

その為にも

  • メールで舞い上がらない
  • メールで告白しない
  • デートで舞い上がらない
  • 相手の好意がはっきりしたら告白する

これらの行動でモテる男を演じながら「余裕がある男」と認識され、逆に女性があなたを追いかけるような関係を作り、主導権を握るのがベスト。

まとめ

モテない男は自分ばっかり盛り上がって、女性のことなど考えていません。ちょっと話したくらいでもう付き合った後のことを妄想したりしています。

でも本当にモテたいなら、妄想するのはやめましょう。

どんなに気持ちが盛り上がっても、初期段階はゆっくり冷静に女性と同じくらいの恋愛感情だと見せかけて、脈ありサインが出てきたら徐々にアプローチをして、最終的にゲット!!

このくらいのさじ加減が出来るようになるとあなたもモテ男の仲間です。

この辺のさじ加減は、経験がものを言います。女性も個人個人で盛り上がりの具合が違いますからね。是非女性にアプローチするときは、男女の恋愛感情の高まりの時差を理解しておきましょう。