既婚女性と独身男性の不倫の終わりはコレが原因です

既婚 女性 独身 男性 終わり

既婚女性と独身男性の不倫の終わりは「やきもち」が原因です。

別れの原因によくあることですし、独身であろうとなかろうとよくあることであります

これが既婚女性と独身男性の不倫関係であるとさらに厄介で危険。

別れの原因となるやきもちを焼かないためにもどんな時になるのかをしっかり認識しておきましょう。

既婚女性と独身男性の不倫が終わるやきもちを焼く瞬間

やきもちは少しならばかわいいものですが度が過ぎると厄介なもの。

やきもちを焼く方焼かれる方双方で嫌になって別れる原因となります。

既婚女性と独身男性の不倫の終わりは独占する心から始まる

大好きな彼だからこそ「ずっとそばに居て欲しい」と思うのは当然のことです。

しかし、結婚していて夫のいる自分と不倫相手という彼女しかない男性では感じる立場が違いますので、あなたのやきもちによって「旦那がいるくせに何いっているの?」という心理に捉われることがあります。

それは既婚女性が結婚を迫る時です。

「旦那と離婚するから私と結婚してくれる?」という女性の心理を紐解いていくと、彼のことを独占したいという気持ちが見え隠れします。

独占するために家庭を壊すことに不倫相手は罪悪感を抱くことになりますし、恐れを感じることにもなるでしょう。

理由は、男性は責任感が強いからです。

既婚者と不倫関係になったことが原因で、一つの家庭を壊してしまうことに後ろめたさを感じ、独占欲を抱かれるくらいのやきもちをやく女性とのこれからを怖いと思うのです。

それならば「別れてしまった方が気が楽だな」と今の状況から逃げ出すように破局を申し込んでくるでしょう。

既婚女性と独身男性の不倫の終わりは他の女性が関係する

 

仕事や生活をしていると、不倫相手の女性よりも他の女性を優先させることもあるはずです。

不倫している女性を心配させない方法を常に考えている男性であっても、どうしても他の女性との予定が入ることもあるのです。

そんな時のやきもちは、彼のことを理解してくれていないと思うことが理由で「煩わしい」と思われてしまいます。

「自分よりもあの女性の方が大事なのね?」なんて言われてしまえば「きみには旦那がいて、自分よりも優先することがあるくせに」という心理になるものです。

自分のことを信じて信頼してくれる女性を大事にする傾向のある男性ですから、このようなやきもちの焼き方はとても危険でしょう。

既婚女性と独身男性の不倫の終わりは相手の自由を奪う事から始まる

 

既婚女性と独身男性の自由度には差があります。

既婚女性には、仕事や家事子育てと自分の時間を好きに取れない環境で過ごしている人も多く、独身男性と会う方法を試行錯誤している人も少なくないでしょう。

そこに、独身だからこその自由を持っている彼に対してやきもちをやくのは危険です。

自由な時間の中には、素敵な女性と出会うチャンスがあるかもしれない、自分よりも彼に相応しい女性を見つけるかもしれないと不安になって束縛する既婚女性は別れを自ら引き寄せていることになります。

気持ちは分かりますが、独身男性にとっては自由があることが普通で、新しい恋愛をするために自由な時間を満喫しているわけではないことを理解してあげましょう。

何かお願いしたり理由をつけたりして、彼のフリーな時間を束縛することで無意味なやきもちで縛り付けられていると感じられてしまいます。

既婚女性と独身男性の不倫の終わりは友人関係のチェクから始まる

 

交際している人のスマホチェックをする女性、したい女性はたくさんいます。

実際にするのは、彼のことを信じ切れていない心理や「信じたい」という欲望があるからでしょう。

仮に、彼には「いつ見てもいいよ」と言われていることでオープンにSNSのやり取りや画像などをチェックできる環境にあるとしても、女友達との連絡をチェックし文句を言うのはいけません。

オープンにしているということは、疚しいことがないからです。

何も関係がないところを「浮気しているの?」「どういう関係?」と問いただされる独身男性はあなたとのこれからに嫌気がさすでしょう。

可愛らしい嫉妬ならば、交際の最初の内は我慢出来ても、ある程度信頼関係が整っていてもおかしくない時に疑われえてしまうだけで「信じてくれていない、悲しい」と別れてしまうこともあります。

好きだけど依存しすぎない不倫を

 

不倫関係の依存には危機感を抱くのが男性です。

依存をして「自分を一番に考えて欲しい」という既婚女性は、「何をするか分からない」と思うのです。

「不倫関係になっていることを自らバラすのではないだろうか、その時自分の立場は?」と身を守る方法を考え始めるでしょう。

あなたのことを大好きな彼だとしても、これからの人生を考えた時に既婚女性と恋愛していたことは伏せていきたい事実です。

依存からくる「自分を一番に!」の精神を持っていることがわかれば、破局への一直線になります。

離婚するのならばバレないように、しないのならばもっと慎重に行動して欲しいと思っていますので、サバサバ系女子でいた方が関係を長続きさせられます。

他の女性に対してだけではなく、同性の友人や家族、出来事や用事に対してまでやきもちをやくようになったら別れを覚悟しましょう。