既婚者が両想いを確信する瞬間とは?既婚者同士の本気の恋

あなたの職場でもしかしたら、私のことは好きかもしれないと思う異性はいませんか?

既婚者であっても人を好きになることもありますし、まさかの展開もあり得ます。

既婚者同士が好きになるということもありますし、両思いになることだって十分あるんです。

そんな既婚者が出す両思いのサインに気づくことで二人の関係は一気に縮まります。

今回は既婚男性が好きになった既婚女性だけで見せるサインを紹介したいと思います。

既婚者同士が禁断の恋ですが既婚男性が思いを寄せる女性に出すサインを知っておきたいと思いますよね。

もしあなたに気になる既婚男性がいる場合は、ちょっと彼の態度を観察してみましょう。

既婚者同士でも両思いになることがある

既婚者同士の恋愛が世間一般からすると常識はずれです。

ダメだとわかっていても相手から好意を受けると嫌なものはありません。

人としてはダメだとわかっていてもよう思いになってしまったら不倫に走ってしまうこともあるのです。

そこで既婚男性がどのよサインを出してくるのか事前に知っておくことでその後の対処方法を考えられるようになります。

ぜひ参考にしてください。

既婚者同士の両思いのサインはよく目が合う

好きな男性をついを目で追ってしまうこともあると思いますがちょっとした瞬間にその好きな男性と目が合うということはありませんか?

そういったことが続くともしかしたらと思う気持ちもあると思いますがそれは間違っていません。

ちょっとした時に視線を感じるのであれば既婚男性はあなたと両思いになるためにサインを送っているのかもしれません。

既婚者同士の両思いのサインは会話が楽しい

一緒にいることが楽しい既婚者同士は会話も弾みます。

二人で話をしている時などは共通の話題で盛り上がってしまい時間さえ忘れることも多々あります。

本当に一緒にいて楽しむような会話であれば、二人の気持ちは言わずと知れたこと両思いになるのも時間の問題です。

もし一緒にいて楽しくなってからが盛り上がるような既婚男性と出会ったなら恋の始まりかもしれません。

既婚者同士の両思いのサインは距離が近い

二人でいる時に距離が近いと思う既婚男性はいませんか?

それは知らず知らずのうちに相手の既婚男性があなたのパーソナルスペースに入ってきているのです。

好きだよと言えない代わりに少しでも近くにいたいという気持ちが湧いてきてついつい無意識のうちに近くなっているということがあります。

触りたいけど触れない触ってはいけないと思っているから既婚男性は距離を近くにしてしまうのです。

この場合の既婚男性は両思いだと思っているのであなたが彼のパーソナルスペースに入っていけばその思いは言わなくても通じるようになります。

既婚者同士の両思いのサインはボディタッチが多い

ちょっとしたことで肩を叩かれたり、頭をポンとされるなんていうことはありませんか?

既婚男性はあなたに対して親近感を抱いているのです。

好きだから近づいてしまうのですが あなたと触れ合いたいという気持ちが抑えられません。

別に肉体関係を持とうと言うわけではないのです。あなたの事を大切にしたいという思いからボディタッチをしてしまうことは多々あります。

もしあなたが気になる既婚男性からボディタッチをされる機会があるなら彼はあなたと触れ合いたいと思っているのです。

既婚者同士の両思いは LINEの返信が早い

 LINE だけではありませんが連絡の返信が早いということはあなたに早く会いたいという気持ちの表れです。

あなたのことが気になってしょうがないのでいつも気にかけてしまうのです。

仕事の都合で使っている LINE であれば仕事のことを言い訳にして連絡ができます。

気になる女性に対しては返信を眺め聞かせてまたせない、不安にさせない、すぐに解決したいという気持ちが働くので返信が早くなります。

既婚者同士の両思いは心配してくる

ちょっと体調が悪かったり仕事で心配事があった時に暗い顔をしてたりすると声をかけてくれる人はいませんか?

それはあなたのことを心配しているからこそ無理をしないでほしいと思っているのです。

あなたが体調を崩している時にも同じように思っています。

あなたのことを好きでちょっと体の調子が良くないなどという変化にもすぐ気づいてくれます。

あなたのことを思いやる言葉をかけてくれる人はあなたのことを思っている可能性が高いのです。

既婚者同士の恋愛は?

既婚者同士の恋愛は一般的には難しいものです。

お互いに家庭もあり子供がいる場合など家庭を捨てて不倫に走ることだって簡単にはできません。

何より様々なリスクが伴うのです

一緒になりたいという思いだけでなれるならば簡単ですが、ほとんどの場合がプラトニックな関係を続けることしかできません。

二人で両思いだと思っていてもそれを告げられない寂しさがありますが、どこかなんとなく通じ合っていて一緒にいると心地が良いという関係を続けるほうがリスクが少ないです。

もし相手からプラトニックな関係からもう少し進んだ関係を持ちたいという意思表示があるまでは少し待った方が良いでしょう。

お互いに既婚者であるからこそを越えられない一線があるのです。

言葉には出せない思いというのが先ほど紹介したサインに現れます。

既婚者同士が両思いだとわかっていても関係を保つことは非常に難しいです。中にはバレなければ不倫してしまってもいいという人もいますが、リスクを考えれば冷静になった方がいいでしょう。

それでも男女の関係になってしまう人は世の中には多いです。

もしもそのようになってしまったら、これからお互いにどうするのかよく考えてみる方が良いのではないでしょうか。