既婚者同士が両思いだけどプラトニックな関係を保つにはどうすればいいの?

既婚者同士 両思い プラトニック

既婚者同士が両思いだけどプラトニックな関係を保つにはどうすればいいのでしょうか?

既婚者であっても自分のパートナー以外の異性に対して恋愛感情を抱いてしまうことはありますでも自分の今の生活を崩したくないがためにプラトニックな恋愛関係を保ちたいと思うことは自然なのです。

お互いに両思いではあるかもしれないけれど肉体関係を持たず精神的な支えとして関係を続けたいと考えている人も多いでしょう。

今回は既婚者同士で両思いであってもプラトニックな恋愛関係を保った時はどうすればいいのかのコツをご紹介したいと思います。

既婚女性と独身男性のプラトニックラブ

プラトニックな関係を保つためには

そもそも既婚者同士が両思いでプラトニックな関係を持ちたいというのは浮気をしているけれど公的にはまだ普通という状態にはなっていないということを示します。

非常にピュアな恋愛感情ではありますがそれは似た者同士だからこそ感じあえる仲間に対するあいかもしれません。

世間では一般に結婚している人が他の異性に思いをすることは悪いことだと考える傾向がありますが人として素晴らしい人に出会った時にはそれがイケナイことだとわかっていても惹かれることがよくあるのです。

今回はプラトニックな恋愛における心理についてちょっと考えてみたいと思います。

プラトニックな恋愛をしている男性の心理とは?肉体関係はいらない?

既婚者同士が両思いでプラトニックな関係を保つコツ

家庭を第一に考えるプラトニックの大人の恋愛関係を保つコツは男性も女性も自分の家庭を第一に考えることが大事です。

既婚者同士で恋愛してもプラトニックな関係であれば自分の家庭を壊すことはありませんただ二人がそれを我慢できるかどうかということが重要になってきます。

関係が長くなればなるほど我慢ができないというのはあり得ることです。

しかしそんな時は自分の家庭の事をしっかり思い出し万が一の時にでも一線を超えないようにしっかり気を引き締めることが重要です。

両想いだけどダブル不倫で付き合えない既婚者の理由

二人きりでは会わない

プラトニックの伴う関係を保つためには両思いでも二人きりで会わないということが重要となってきます。

密かに両思いであっても恋愛関係にある既婚者同士はきっかけさえあれば肉体関係をもってしまい不倫という不貞行為に走ってしまうことは容易に考えられるでしょう。

不倫関係にハマってしまえるはプラトニックな関係ではなくプラトニックな関係を続けたいという希望がなくなってしまいます。

なるべく二人きりで会うことはなく友人などを加えて複数人で会うようにすることが重要です。

セカンドパートナーを持つ男の心理と既婚者同士の恋愛スタイル

相手の事に干渉しない

両思いである既婚者同士はどうしても相手の事が気になるのは分かるのですが相手の行動を監視し始めるとどうしても気になってしまい感情がどんどん湧いて移入してしまいます。

人は誰かを好きになるとその人の行動が気になってしまうのですが相手の行動を監視しているといつしか精神的な支えというよりは本当に支えて欲しいと思うようになりそれが自分だけのものにしたいという予報に変わってプラトニックな関係は終わってしまうのです。

相手の行動を監視したいと思い始めた時には自分が理性的ではないということを理解してしっかりと抑えましょう。

名前で呼ばない

プラトニックの大人の恋愛関係を続けるには両思いであっても下の名前で呼ばないということが重要です。

名前というのは重要で呼び方ひとつでその関係性が分かってしまいます。

親密さを止めてきたのだがいるようではそれだけ男女の中を急接近させてしまうことも少なくなくて既婚者の恋愛ではお互いのめり込ん露出意味でもしたら名前で呼び捨てにするのはあまりお勧めすることではありません。

 SNS での連絡は控えめに

両思いの既婚者同士で連絡するのはいいのですが SNS で頻繁な連絡を取る過ぎるのは良くないことです。

特にプラトニックな関係を続けたいと思っているのにいつでも好きな時に連絡を取られるからと言ってあいに連絡するようになればお互いのパートナーにこの秘密の恋愛ばれてしまう可能性も多くなりかつばれた時には大きなリスクを背負うということを忘れないでください。

既婚者同士で泥沼の不倫にはまりたくない時もしくはプラトニックな関係を保ちたい時には SNS の利用は特に注意が必要です。

浮気や不倫がばれる第一の理由は SNS からということも忘れないでください 。

生活のリズムを崩さない

今まで時間通りに書いていた人が突然帰ってこなくなったり土曜や日曜出かけなかった人が突然出かけるようになってすれば当然パートナーは不審を持つでしょう。

プラトニックな大人の出会い環境を保つためには生活リズムを崩さないで家庭がおろそかにならないようにするのが大切です。

家庭での行動はあなたが思っているよりも目立つのです。

家族はあなたのことをしっかり見ていてちょっとした行動が不信を招き既婚者同士のプラトニックな恋愛を続けることができなくなります。

家族への愛情を忘れない

いくら両思いであっても既婚者が既婚者なのです家族に愛情を持っているということを忘れないでください。

いくらプラトニックな関係であっても浮気であることは間違いない。

それが肉体関係にまで及んで不利になった時あなたは家族への思いを忘れてしまったことに罪悪感を覚えることでしょう。

家族への愛情忘れてしまえばそれはもうただの遊びです。

パートナー以外に恋愛感情を抱いてしまっている事してもプラトニックな関係をたのではまだ一線を越えていないので家族への愛情忘れてないということもできます。

常に家族はあなたにとって一番だということを忘れないでください。

隙を作らない

自由になる時間はあるということでいいですがプラトニックな関係を続けていくためにはそうした時間はあまり作らない方がいいです。

そうして時間ができればできるほど相手に会いたいという気持ちが高ぶりふとした時に相手を思い浮かべてしまい余計な行動を起こしてしまいがちです。

不倫ではなくプラトニックな関係をバレずに継続していくためには相手に会う頻度で連絡頻度についてしっかりと管理しそれ以外の時間は家族のために使うようにするようにしましょう。

将来のことを考える

両想いであっても既婚者はパートナーがいるということです。

この先の将来を考えてみた時にもし今思っている既婚者の相手と一緒になるということを選択肢として選んだ時何が起こるかということをしっかりとマネージメントしておきましょう。

今の家族と生きていくのが幸せなのか、離婚してあなたの人生を歩むのか?

どちらがあなたにとって幸せな未来なのかじっくりと考える必要があります。

相談相手を作る

既婚者が両思いでプラトニックな関係を保つためにはこの秘密を話せる友人を作っておくということが大事です。

既婚者同士のプラトニックな関係を誰にも話せず秘密にしている人は多いと思いますが長く継続させていくためには信頼できる相談相手を作っておくのが良い方法です。

もし何かあったとしても相談できる人がいれば自分が過ちを犯しそうになった時に歯止めをかけてくれる人の役割をしてくれる場合もあります。

ぜひ口が堅く誠実な友達を相談相手として選んでおきましょう。

友達以上恋人未満を既婚者が長続きさせる付き合い方

既婚者が両思いでプラトニックな関係を続ける時には行動に注意しよう

既婚者によるプラトニックな恋愛を続けるためには一線を越えないようにする事が大事です。そのためにも様々な角度からご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

経験がない人はなかなか理解してくれないと思いますが既婚者同士だからこそ分かる恋愛というのもあります。

この関係を続けていくためには慎重な行動を心掛ける必要があるんです。

本人同士は別にやましいことがなく友達だと思っていたとしても周りからすれば不倫関係になっているのではないかと憶測をもつこともありますし、もしそれがパートナーの耳に入れば家族の関係は険悪なものとなってしまいます。

お互いの家庭を尊重しながら理性的な行動を意識し穏やかな人間関係のを続けることができるように行動には慎重になりましょう。