既婚者同士が手をつなぐのは本気だから?

既婚 者 同士 手 を つなぐ

既婚者同士が手をつなぐというのはなかなかない行為ですよね。

小さい時は男女が手を繋いだりするのは可愛いなって思いますが既婚者同士が手をつなぐというのはなんとなくちょっとあれっと思いませんか?

手をつなぐという行為はどのような心理状態なのでしょうか?

何の関心もない人に手を繋ぐ行為というのを求めたりはしませんよね?

そこには何らかの気持ちというのが隠されていると思います。

今回は既婚者同士が手を繋ぐという行為に関して様々な心理状態を検索したいと思います。

ただその時々の状況によって気持ちと選んでは若干違ってきますので全てが正しいとは言いません。

このようなことを考えているかもしれないという状況がありますのでそれをどう受け止めるのかはあなた次第であります。

既婚者同士が手をつなぐ心理状態は?

手を繋いでくる既婚者の心理状態がまずあなたに好意があるということです。

好意があるということが好きだということ。

手をつないだ後に肉体関係まで考えていることもあります。

また本気であなたことを大事だと思っているので手を繋ぎたいと思っていることもあるのです。

ただ手をつなぐという行為に関しては好意がある人に対してでしか行わないというのが一般的な恋愛心理なのでもし手をつなぐことがあったとすれば気がある脈があると考えて間違いありません。

要するに手をつなぐということは手を繋ぎたいと思っている人にとっての第一関門なのです。

もしここで拒否されれば第一関門は突破できなかったと感じるので迷惑ではないなと相手は感じるでしょう。

また拒否されなければ迷惑ではないなと感じるので次の段階へと進むのがこの時の心理状態です。

また一方で真面目にあなたのことを好きだという風に感じている場合もありますこの場合は勇気を振り絞って手を繋いでくるということがその心理状態となります。その場合は他の事は考えておらず純粋にあなたのこと好きだということを伝えているだけです。

ある意味本当に大切に思っていますし本気であることをつけているということもあります。

正直手を繋いでくるという行為だけでこのような心理状態をその場でとっさに判断することは不可能です。

ただし気をつけたいのは手をつなぐという行為を拒否しなかった場合承認したと思われるということがあるので後々面倒なことになりたくないと思う相手であればしっかりと拒否した方がいいです。

手の繋ぎ方によって心理状態は変わるのか

手の繋ぎ方によって心理状態を買うのかと言うとつなぎ方によって見分けることはできません。

指と指を絡ませるというようなこともあればしっかりと握るということもあります。

愛情の度合いが深いか浅いかということはつなぎ方では判断できないのです。

身体目的であっても本気で好きであってもその時々によって手の繋ぎ方は全く違います。

手を繋いできたその瞬間だけで心理状態判断することはできないのでその前の状況や普段からの付き合い方などの要素をいろいろと考えてみて可能性を探ってみましょう。

なんにしても人の心を見透かすということは不可能なことなのです。

時計を見ると多いという傾向はありますが本当に相手がどう思っているのかわからないというのが正直なところなのです。

ですから人は心変わりがあり、人はその考えによって考え方を変えてしまい瞬時にそれまでの考え方を180度変えることだってあるのです。

手を繋いで初めの目的が肉体関係であったとしても次第次第にあなたが聞かれて本気になっていくことだって十分に考えられることです。

相性というのが間違いなく人と人の間には存在するのです 見た目や表面上の振る舞いなどによって判断していきますが人を正しく判断し自分との相性をはかるためには多少の付き合いというのが必要になります。

手を繋いできた人に少しでも関心を抱いているのであれば受け入れてみてその後相手がどの様に出てくるのか見てみるのが一番いいのかもしれません。そのような経験を積むことでこの後どのようになるのとかというのをどんどんとを学習することでしょう。

手をつなぐということは本命なのか

相手も既婚者が遊びのつもりなのかそれとも本気で好きになっているのか手を繋ぐ声で判断するということはすごく難しいです。

遊びで考えているなら受け入れないが本気だったら受け入れるというのもなかなか難しいことです。

なぜならどちらも不倫をするということですから。

要するに遊びであれば自分が傷つけられるということが嫌なのです。

手を繋いできた既婚男性が将来の相手となる可能性だってありますし幸せになる可能性だってあります。

それを確認する方法が受け入れてみるということ以外にはありません。

そこで傷ついてしまうから幸せになれるかはあなた次第ですし経験を積まないとできないことでしょう。