既婚者同士の恋愛で両思いになった時のルール

既婚者同士の恋愛 ルール

既婚者同士の恋愛で両思いになったら守らなければいけないルールというのがあります。

恋愛ルールしっかり守ってお互い守らなければいけない最低限のルールを守るべきなのです。

二人の想いが本気であればあるほど守らなければいけないものもありますし守っていけないものもありますルールを守っていなければ守りたいもの守れないですし荒れてしまったりしてさらにお互いを傷つけあうことにもなりかねません。

大人であれば試合で両想いになったからといって自分勝手にはできないのです。

特に既婚者同士で恋愛になってしまったのであればルールを守って大切に関係を育んでください。

既婚者同士の付き合い方でバレずにうまく付き合う方法

既婚者同士の恋愛ルール

既婚者同士の恋愛ルールは駆け引きなし

既婚者同士で恋愛関係になったとしたらかききをしだすとキリがありません。

はっきり言って恋愛の醍醐味ともいえる駆け引きですが既婚者同士の恋愛では全く必要が無いのです。

傷つけあうことでしか恋愛が進みません。

本気で両想いになる前は多少の駆け引きがあったかもしれませんが両思いなり恋愛関係になったとしたら駆け引きはやめておきましょう。

既婚者同士の出会いはお互いの阿吽の呼吸というのは必要です。

会えない時間連絡できない時間というのが多いのでそれを書きひきだという風に捉えてしまうと二人の関係は深まることはないでしょう。

逆にトラブルになってしまったり気持ちのすれ違いなどが起こってしまうので既婚者同士の恋愛をスムーズに進めるためには駆け引きはやめておきましょう。

もしこのルールを守らないと注意力が散漫になりまた誰かに気づかれる可能性も高くなってしまうので注意した方がいいです。

既婚者同士の恋愛のルールは相手に心配かけない

既婚者同士の本気の関係は愛情表現が深くなってしまうという欠点がありますがそれは買う人間が連絡を取り合う時間というのが少ないからであって不安だからということではありません。

ですから相手を心配させたりするようなことはしてはいけません。

相手にしない気にさせるような行動や言葉は慎むべきでしょう。

寝る前の命令に素直になることもできずにまずは楽しむことが出来なくなってしまう精神状態では既婚者同士の恋愛は進みません。

家に帰れば電話をしていた結婚相手が待っているのでその結婚相手を裏切ってまで開いている相手に心配になっていては心が擦り切れてしまいます。

既婚者同士両思いになった時には普通の恋愛のような行動してはいけないです。

既婚者同士の恋愛ルールはお互いの家庭に干渉しない

恋愛をしているので相手のことを知りたいというのはよくわかりますが相手の家庭の事を必要以上に従ったり何かあった時に完走しようとしたりするのは相手にとっては非常に迷惑です。

両思いだからこそね相手のこと自分のことなどを理解したいと思うことはたくさんあると思いますが開いてはいけない領域というのがあるんです。

家庭用家庭ではないと批判した考えができるようになれば既婚者同士の恋愛を上手くさらに二人の絆も深くしていくことができると思います。

大人同士の恋愛なので通常の恋愛とは違うということをしっかり認識しましょう。

既婚者同士の恋愛ルールは都合のいい関係

お互い都合のいい関係であるということをしっかり認識しておかないと既婚者同士の恋愛というのがうまくいきません。

独身同士の恋愛の違い相手にも都合がありそしてあなたにも都合があると人は恋愛なのです。

お互いに不都合があった上での付き合いなので都合がいい時にしか会えないし相手にとっても都合が良い相手でなければ上手くいきません。

これは肉体関係ということではなくスタイルがあっていたりリズムが同じようになっていたりといった都合の良さがなければうまくいかないということです。

既婚者同士の恋愛のルールは無駄遣いしない

既婚者同士の恋愛で経済的な事を抜きに話を進めることできないでしょう。

なぜなら双方とも家庭というものを見たいんでそちらの方をまず優先的に支えなければいけなくなっているからです。

もしそちらを優先的に支えなくて恋人の方にお金をつぎ込むようなとはどういうことなのでしょうか?

あまり深く考えなくても相当リスクが高いコーナーになっていることは誰だって理解ができます。

ですからお金のかからない方法というのが既婚者同士の恋愛関係では必要になってきます。

無理してお金を出さなければいけない状況を良くするためにも普段から無駄遣いをしないようにしましょう。

既婚者同士の恋愛のルールはポジティブに考える

既婚者同士の恋愛ですから肉体関係を持った時にはもう不倫関係ということになっています。

正直に言えば世間から見れば非常に後ろめたい行為を既婚者同士でやっているということです。

さなるとはどうしても気持ちをあまり気にならずその気になるのは分からないでもありません。

しかも見つかったらすぐに別れなければいけないような関係ですからポジティブに考えるという難しいです。

でもそんな時こそ二人でポジティブに考えるようにしましょう。

連絡が来なかったり入れなかったりするのは辛いですがそれもこの先いいことが待っていると考えることによって全く考え方が違ってきています。

全ての行動がこれからの二人の未来のために繋がっていると考えるだけでも笑顔で過ごせる時間が増えると思いませんか。

既婚者同士の恋愛のルールはあっさりとする

深く繋がりたいというのわかりますがそれは心の深いところで繋がっていればいいというところ。

ベトベトしているようなカップルがもし本当の夫婦だったとしても相当目立ちます 。

しかも表面だけ付き合いである可能性もあります。

そんな時に自分だけ書いてないと思い込んでいたら傷つくのはあなただけ。

でも止めることができる関係であり、今後も安泰というわけではないということはしっかり認識しておくべきです。

だからこそ心の奥底では繋がっていたとしても表面上はあっさりとしていた方がいいのでしょう。

既婚者同士の恋愛のルールが優先順位がはっきりしている

仕事、子供、家族、相手というように優先順位をはっきりとさせておかないと自分自身がしっかりと保てません。

既婚者同士の本気の恋愛であるとしてもこれ以外にも優先しなければいけないことは沢山出てくるはずです。

恋愛を優先事項とするのではなくあなたの生活が満たされることなく遂行できるように優先順位を作っておくことはあなたの中に軸を作りさらに自分自身が強くなれるでしょう。

もしも優先事項を作っていなかったりするといろんなことに不備が出てきて逆にあなたが普通にまわされることになりますよ。

既婚者同士の恋愛のルールで嘘は

好きな人に嘘はつきたくないというのは人間の心理ですが嘘も方便という言葉もあります。

どんなに優先順位を作っていたとしても突然のことでそれを変えなければいけないことがありますし相手に対して無理をしなければいけなくなってしまった時には自分自身がどんどん辛くなってしまいます。

会いたいのに会えないという気持ちは愛情を高めますが無理をしているとそのツケは必ずどっかで荒れてしまいます。

その結果最悪が周囲にバレてあなたは相手と別れなければいけないばかりか色々な物を失ってしまうのです。

時には会いたいけど会えないという嘘をつくのもあなた自身のために必要ですよ。

既婚者同士の恋愛のルールで写真は撮らない

証拠が残るものは絶対に起こしてはいけません

その最たるものが写真。

時の取られてる時もそれが証拠となってしまうということを認識しておかないと後々面倒なことになる可能性があります。

相手と仲良くしている写真もいつどこでパートナーに見られるか分からないのです。

今は写真を撮るのも簡単にできますしかしその気軽さが仇となることも忘れてはいけません。

不倫関係が呼ばれる一番の理由はスマホに残した写真だからです。

守るべきルールが守られなかったら

守るべきルールが守れなかったらどういうことになるでしょう?

最悪あなた自身が訴えられるのです。

法律では不貞行為といい法律的にもしっかり罰則があります。

守るべきルールを守っていないと大変な毎日が待っていますし安定した既婚者同士の恋愛なんてのは出来ないということをしっかり認識しておきましょう。

浮気で慰謝料請求されたら、恋人だったら大丈夫?

既婚者同士の恋愛を楽しむためには

既婚者同士の恋愛を本気の両思いで続けていくなら守るべきルールというのがあるということはわかりましたか。

大人の恋愛として楽しむためにも先程ご紹介したルールを守って二人の絆を高めることをお勧めします。

既婚者だからといって恋愛をしてはいけないとは限りませんが著者だからこそ守るべきルールとなって守るべきものはあるということです。

色々な人を傷つけないためにもルールを守りせっかく巡り合った相手と縁を深めてください。