既婚者同士の社内恋愛の始まりこれがきっかけ

既婚男性浮気

既婚者同士の社内恋愛の始まりこれがきっかけになったということを経験したことありませんか?

同じ場所にいるからなんとなく気になってはいないかもしれないかもしれませんが、 同じチームで同じ苦労していると、共感するものが出来てきてそれがだんだん恋愛感情となることもあります。

職場ではこのようなことがきっかけで既婚男性と恋愛関係になってしまったり、職場の女性と特別な関係になってしまうことも珍しくありません。

今回は既婚者同士で社内恋愛に発展してしまうきっかけについてご紹介します。

既婚者同士の社内恋愛の始まり

独身同士の社内恋愛は、見ていてほのぼのしますが、既婚者との不倫関係になってしまった社内恋愛はもし見つかると大変なことになりますよね。

今回は既婚者同士が社内恋愛に発展しまうきっかけについてご紹介します。

既婚者同士の社内恋愛は時間の共有で始まる

会社の中でたった一人でしかも個室で仕事するということはほとんどないと思います。

小さな会社であっても、同じ空間で同じ時間を過ごし、同じ目的のもとに一つの仕事を目標をもってしていくのが当然です。

そんな中、もし魅力的な異性と長い時間一緒に過ごすことになったら、お互いに惹かれあっていくのは自然の流れですね。

もし仕事の話だけであったとしても、自然と仕事の後に話をするようになり、深い関係になっていてなんてこともありえます。

特に仕事以外のプライベートの話を共有していると、特別な関係であると思い始めてしまうので注意しましょう。

既婚者同士でサシを飲みになる心理と男性をメロメロにする方法

既婚者同士の社内恋愛は共通の話題を共有する

共通の話題を共有することで、職場内で異性と仲良くなってしまうことは先ほど話しました。

特に既婚者同士は同じような境遇になっている場合が多いので、 職場で仲良くなったりすると、お互いにしかわからない話題を共有することになります。

そうすると既婚者同士だからこそ話せる話題であったり、悩みであったりで相談をすることになり、強い仲間意識が生まれ社内恋愛のきっかけとなってしまいます。

社内の既婚男性が好意を持ちやすい女性のタイプと対処法は?

既婚者同士の社内恋愛は飲み会から始まる

既婚者同士ならではの話題で気持ちがすでに繋がり始めている時に、社内の飲み会などがあると、これが社内恋愛のきっかけになります。

既婚者同士結婚しているので、何か理由がなければ会社外で会うことはできません。

しかし会社の飲み会は公認されたイベントです。

しかもお酒が入ったりすれば気持ちも良くなりますので、2次会3次会となることも珍しいことではありません。

既婚者と飲みに行く女性が不倫してしまうのはなぜ?

既婚者同士の社内恋愛の注意点

既婚者同士の社内恋愛はバレた時のリスクがとても高いです。しかし、気がついたときには恋愛関係になっていた時の方が多いので、そうなってしまう前にやめたほうがいいのですが、そうもいかないのが社内恋愛です。

ここでは既婚者同士で社内恋愛を楽しむ時の注意点についてご紹介します。

既婚者同士の社内恋愛では誰にも言わない

社内恋愛では秘密であることが大前提。

既婚者同士で車内電を楽しみたいと思うのであれば決して誰にも言ってはいけないということです。

ついつい嬉しくて話してしまうかもしれませんが、絶対にダメ。

特に女性同士のここだけの話というのはあてになりません。

社内で怪しいと噂の二人の不倫を見抜く6つのポイント

既婚者同士の社内恋愛では会話しない

自分や付き合っている女性が誰にも言わなくても、外から見ては雰囲気でバレバレという時があります。

勘の鋭い人などは会話などしてなくても雰囲気だけで察してしまうことがあるので気をつけましょう。

どんな会社でも恋愛や噂というのも話題が好きな人はいるのです。

既婚者の上司が部下を好きなってしまった時の態度と接し方とは?

社内恋愛では証拠は残さない

社内恋愛で注意すべきなのは社内だけではありません。

当然のことならなら身内にバレてはいけませんし、証拠の残してはいけません。

メールや SNS などはこまめに消しているかとは思いますが、ちょっと入ったレストランのレシートやバーなどの名刺など不要なものは絶対に残してはいけません。

また匂いというものも注意しなければいけません。

自分ではよくわからないですが、女性は特に匂いに敏感です。

既婚者同士の社内恋愛は危険

社内恋愛について紹介してきましたが、基本的には既婚者同士の社内恋愛はリスクが高くするべきではないと思います。

今では色々な方法で人の恋愛を探ろうとする人たちもいますし、証拠もなかなか消せるもんではありません。

どうしても社内で好きな人ができてしまったのであれば、自分が会社を変えるか相手が変えるかぐらいの覚悟を持って付き合いましょう。