旦那に不倫された、浮気された後の対処方法はこれがベスト

旦那 浮気 対処方法

旦那さんに浮気されたり不倫された時、その後どのような対処方法をとればよいかご存知ですか?

どんなに愛し合っている夫婦であっても不倫をしないという保障はございません。

不倫をされた時にほとんどの人がショックで立ち直れことがなかなかできないですが、不倫をされた時の正しい対処方法をご存知でしょうか。どんなに愛し合っていても100%が不倫されないとは限りません。

ということで不倫された時にどう対処すればいいのか?浮気をされた時にどうすれば良いのか今回はご紹介したいと思います。

浮気調査は自分で出来る!自分で浮気調査するマル秘テクニック

旦那さんに浮気された、不倫された時どうしようと悩んでいる方へ

不倫された時には、どうしようと結婚した後少なからず思ったこともあるでしょう。

心のどこかでもし不倫されたらと思ってしまうの人間ですから仕方のないことです。むしろ100%不倫をされない浮気をされないという保証というのはないのです。

対処方法を知っておけば、備えあれば憂いなしという言葉通りあとで慌てることもないと思います。

浮気、不倫された時にやってはいけないこと

まずは浮気や不倫をされた時によってはいけないことをご紹介します。意外とありがちなので気をつけましょう。

証拠がないのに問い詰める

絶対に不倫と思えばだんだんと疑いの念が強くなってもはやそれしか言えなくなってしまいますが、あなたの見当違いだったらどうしましょうか?

そんな場合に不倫しているのではないかと問い詰めたら最後、夫婦関係に深刻なダメージを与えてしまうことでしょう。

仮に配偶者が不倫をしていたとしたとしても証拠もないのに問い詰めたら相手は警戒心を強めてしまうだけです。

そうなると証拠を取ることが難しくなるので後で後悔しても始まりません。

見て見ぬふりをする

見て見ぬふりをするのは最もよくありません。放っておけば取り返しのないことになりかねません。

不倫されていることは明らかに気が付いているのであれば、行動を起こすべきです。

家に帰って来てくれるからいい、食事をしてくれるからいい、というように見過ごしてはいけません。

不倫を見過ごしてしまうことは解決にはならないのです。

怒りをぶつける

不倫が発覚して怒ることは分かるのですが、その反動で自分が浮気をしてしまったり不倫相手はパートナーに暴力を振るったり、精神的な攻撃をする事はやってはいけません。

不倫をされて浮気をされて悔しいというのはよくわかりますが、この場合は法律によって裁かれるべきでしょう。

浮気、不倫されたらこうするのが正解

不倫浮気をされたらどのように対処するのが最もベストなのかご紹介します。

事実の確認をする

まずするべき事は事実関係をはっきりさせることです。先ほども言いましたが証拠もなしにパートナーを問い詰めるのはだめです。

まず証拠をしっかりつかんでから白黒はっきりさせることが得策です。

最近パートナーにあった行動で不審なではありませんでしたか?

急な出張が増えたり、帰ったらすぐにシャワーを浴びるようになったり、携帯スマホを常時持っているようになったというような場合は証拠の収集をするようにしましょう。

不倫浮気の証拠の収集の仕方

浮気不倫をしていることが明らかな場合次にすべきことが証拠の収集です。。

証拠を手に入れることは非常に重要です。不倫の証拠さえあればその後の選択肢が増えるのです。

  • 離婚をする
  • 不倫相手に慰謝料請求する
  • 誓約書を書かせ二度と不倫させないようにする

というような選択肢が考えられます。

しかしこの選択肢を取るにしてもちゃんとした浮気不倫の証拠が無ければ何も出来ません。

不倫の証拠とは何かというと「不貞行為があったか」という証拠です。

確実な証拠を自分で収集することができればいいのですが、ほとんどの方は一人ではできません。

相手はあなたの顔を知っていますし、そんなに簡単に の証拠を掴まれるような行動はしないからです。

ではリスクを回避し、浮気不倫の証拠収集をするには一体どうすればいいのでしょうか?

浮気の尾行調査は個人で出来るのか?犯罪にならない?

探偵事務所に調査を依頼する

浮気不倫の証拠集めには探偵事務所に任せることをお勧めします。

なぜなら裁判で説得力のある証拠の収集をするためには、確実な証拠が必要だからです。

そうしたことに最も精通しているのが浮気や不倫を専門にしている探偵事務所というのが最も頼りになります。

浮気、不倫をされた時のまとめ

浮気不倫をはっきりと証明できる証拠さえあれば、その後はあなたが好きなように行動ができます。

離婚をするようにしてもしないにしても、不倫相手を許すにしても許さないにしても、慰謝料請求をするにしてもしないにしても、話し合いを有利に進めるためには証拠というのが不可欠です。

要するに不倫浮気の証拠さえあればなんだってできるんです。

まずは証拠収集をしっかりすることそのためには男女問題に強い専門家に相談することをお勧めします。