浮気と不倫の違い、男女でこんなに違う!?

浮気 違い

浮気と不倫の違いはどのような違いがあるのでしょうか?男女でも感じ方によってはかなり違うようです。

他の異性に興味を持っただけで浮気だと思う人もいますし、心が通い合っていれば不倫とも浮気とも思わない人もいます。

今回はそんな男女でも違い不倫と浮気の違いにフォーカスしたいと思います。

不倫と浮気の違いとは?

不倫と浮気の違いと言うと不倫はドロドロした感じがありますが浮気というのはあっさりしているイメージという感じでとらえられている場合が多いようです。

また浮気が本気じゃなくて、不倫は本気だというようなことも実際にしている人たちの中には持っていく感覚もあるみたいです。

しかし実際には浮気と不倫の違いということに関してはっきりと語れる人っていうのはいるのでしょうか?そんなちょっとはっきりしない浮気と不倫の違いについて見ていきたいと思います。

浮気と不倫の違い1

不倫と浮気の決定的な違いは、結婚してるかどうかが違ってきます。

不倫の場合だと、片方が既婚者もしくは両方が既婚者という場合の恋愛です。

婚姻関係を持って法律で定められている配偶者がありながら、他の異性に性的興味を覚えてしまい関係を持ってしまった場合には、浮気と比べると背負うリスクが高いです。

不倫は発覚してしまうと、既婚者の場合、社会的な影響が非常に大きく、また経済的な制裁などのリスクも背負ってしまいます。

不倫の場合、配偶者がいるのでその配偶者を裏切って他の異性に対して肉体関係を持ってしまったということは法律によって厳しく罰せられることを覚えておきましょう。

浮気と不倫の違い2

不貞行為があること。不貞行為があるということは配偶者以外と肉体関係があることを言います。

手を繋いだりキスをしたりくらいでは不貞行為に当たりません。

不倫の場合は不貞行為という一線を越えないと不倫と呼ばれないので、不倫=不貞行為と考えてもいいでしょう。

浮気と比べれば不倫は相手に性的交渉を求めているので大人の関係だといえます。

浮気と不倫の違い3

本人または相手は本気になる場合が高いのが不貞行為の場合です。

不倫は不貞行為がきっかけで、誰でも良いというようないっときの遊びのような恋愛ではなく。本気になってしまうので浮気とは少し違った感覚となります。

不倫の場合には相手もしくは本人が本気になりやすいので、開かれる場合には泥沼化してトラブルになることが多いです

浮気と不倫の違い4

不貞行為じゃなくても、他の異性とキスをしたり、手を繋いだりという異性を意識するような行為だけではなく、一瞬心を奪われるという気まぐれでさえ人は浮気と感じる場合があります。

浮気や不倫と違い異性の軽い行為についても浮気と感じることがあります。

浮気は本気の恋愛というよりも、ただ単に素敵だと思う異性に一時的に引かれている状態なので、アイドルに夢中になって疑似恋愛を楽しむ好意も、広い意味で言えば浮気の概念に入ってしまいます。

浮気と呼ぶ場合でも不貞行為が伴う場合がありますが、多くの場合は一晩だけの関係で思うことは多くあるので、不倫と違い、一晩過ごして後腐れなく、なにごともなかったかのように日常に戻れるワンナイトの関係というのは短い付き合いになりがちです。

どうしても一時的に性的欲求を満たすだけのものであり最終的には配偶者が本命の彼女の元に戻るのが浮気の特徴です。

不倫と違い本気になる可能性は低いのです。

不倫や浮気で離婚の訴訟で必要な証拠とは?

配偶者の不倫や浮気が発覚し離婚の総称する場合にはどのような情報があれば有利に進めることができるんでしょうか?

犬足訴訟で離婚が認められるためには不倫相手が浮気相手と不貞行為がある時のみになります。

本気の恋愛であろうが、ちょっとした気まぐれによる浮気であろうが、肉体関係がない場合には不貞行為となりません。

そこに本気の出会いなのかどうかという心の問題は考慮されないのです。

例えば金銭の絡む風俗での不貞行為であっても、相手と不貞行為をしたという客観的事実があれば離婚も気になることもあります。

訴訟において不倫と浮気の違いは重要ではないのです。

不倫や浮気の現場を押さえた証拠を集めることは訴訟で離婚を有利に進めるために必要な材料となります。

具体的に言えば

  • ラブホテルから出てきた二人の顔写真がある
  • 二人でホテルに入っていく顔写真がある
  • 自宅で二人がいた証拠の写真がある

など決定的な証拠が何よりの離婚事由となります。

個人的に浮気調査ができないわけではありませんが専門的な技術が求められるので、探偵事務所などに調査を依頼するようにしましょう。

また弁護士に話を聞いてもらうというのも一つの手段です。

離婚訴訟には不貞行為という証拠が必要ですが、証拠によって訴訟で使える証拠と使えない証拠というのがあります。

どのようにそのような評価を使えばいいのかということも専門的な知識がないと分かりませんし、証拠になるのかならないのかということも素人でわかりません。

また、離婚を有利に進めるための話や慰謝料の増額など様々な相談に弁護士が乗ってくれますので一度自身の状況を弁護士に相談するのも一つの手段です。

まとめ

不倫と浮気の違いについて紹介してきましたが、法的にはこのような心の問題は考慮されません。

実際に行動を移すかどうかは別としても、配偶者が他の異性に目移りするような行為をあなたにすればさすがにいい気持ちはしません。

不倫や浮気の違いの放棄なのか遊びかという個人の相手に対する気持ちの問題なのかもしれません。

もし配偶者の浮気を疑った場合には、探偵事務所もしくは弁護士に相談するということをまず最初に考えた方が得策です。 

相談という意味でも気軽に話を聞いてくれるので、まずは話を聞いてもらうことから始めてはいかがでしょうか。