浮気の定義とは、知らないと損する浮気の境界線

浮気の定義とは、

  • 心が浮つくこと。
  • 陽気で派手好みな性格。
  • 男女間、特に夫婦間の愛情が浮つくこと。夫婦であるか、または恋人がいるにもかかわらず、他の異性に愛情が移ること。

Wikipediaより

とのことですが、男性、女性問わず関係を持ってしまったり、不貞を働いたり、要するに不倫に発展してしまったりという場合は結婚している男性、女性にとって多くの離婚の理由ともなります。

恋愛関係であっても異性とのキスを彼氏、彼女がしていたなんて証拠が見つかれば、途端に別れ話にもなりますよね。

個人的にはどこが浮気の境界線なのかあいまいなところがあると感じるところですが、法律的な浮気の定義は、「不貞行為」に当たる行為が浮気となり民法での裁判対象となります。

不貞行為=配偶者のある者が異性と肉体関係を持つ

ということ。

法律的な解釈ではそうですが、それ以外はどう境界線なのでしょうか?

今日はちょっとあいまいな浮気の境界線について調べてみました。

浮気の定義とは?

浮気

カップル、夫婦間で問題になりがちな浮気。何を浮気と定義するかは人によって違います。

  • メールで異性とやり取りをする
  • 二人きりで会う
  • キスをする
  • 抱き合う
  • 肉体関係を持つ

これらはいずれも、相手にとっては嫌な行為であることは疑うべきもありません。

ちょっと異性の友達と飲みに行くというのも、相手からすれば浮気と捉えるかもしれないのです。

もし、あなたのパートナー、彼氏、彼女が「二人であった時点で浮気」と感じる人ならそれだけでもうトラブル発生です。

トラブルを避けるためにも、お互いにどこから浮気と感じるかは、あらかじめ話をしておいた方が良いでしょう。

民法上の浮気の定義とは?

浮気

民法で言うなら浮気は結婚していないカップルには適用されません。

しかし、結婚した夫婦になると対象になります。

民法上「平和な結婚生活を送るために、お互い夫婦としての義務を果たすこと」とルールが記載されており、浮気はこのルールを守っているか、守っていないかでの解釈となります。

この「お互いの夫婦としての義務」ですが、どんなルールがその境界線となるのでしょうか?

不貞行為を働いた場合

浮気

不貞行為=配偶者のある者が異性と肉体関係を持つ

一度であろうと配偶者以外と肉体関係を持てばそれは不貞行為となり、裁判での離婚の理由になりえます。

ただし、離婚が認められるのはその不貞行為によって、結婚生活が破綻をしてしまったか?

一度で破綻する場合もあるし、2度3度でも破綻しない場合もあるのです。

風俗に行った場合

浮気

風俗で性的サービスを受けた場合「恋愛感情がない」となれば不貞行為にならないと思う方もいらっしゃるかもしれないですが、不貞行為に恋愛感情は関係ありません。

金銭のやり取りがあっても、肉体関係が成立していれば不貞行為となります。

ただし、本番行為のないサービスの場合は不貞行為に当たると断言できません。

浮気相手が同性の場合

浮気

法律上は不貞行為になりません。

民法ではあくまでも異性との肉体関係が前提になっており、同性との関係は想定されていないからです。

ただ、不貞行為にはあたらなくても、その関係によって結婚生活を続けることが難しくなったと判断された場合は、離婚が認められるケースもあります。

結婚生活が破綻している

浮気

夫婦の義務は、夫婦として良好な関係を維持するためにあるものです。

関係がすでに良好ではなくなっている=破綻している場合、そこで配偶者以外の異性と肉体関係を持っても不貞行為とはみなされません。

離婚の理由として不貞行為は原因となりえますが、すでに結婚生活が破綻してしまっている場合はこれに当たりません。

まとめ

浮気

浮気の境界線と定義についてご紹介しました。

法律上は不貞行為を働き、夫婦生活を破綻させる原因となったという事が浮気の定義ですが、倫理的に考えれば「二人っきりで会う」「食事に行く」「メールをする」などといった行為も相手からすれば嫌な行為です。

ましてや、不貞行為を行い、証拠まで取られたら慰謝料の請求もされるのです。

そうしたことも考えたうえで、浮気については考え直しましょう。

浮気はダメ!?既婚者に恋をしまったらどうすればいいの?

浮気はダメ!?既婚者に恋をしまったらどうすればいいの?

2019.04.22