浮気相手に恨まれない切るタイミングと別れの言葉

浮気 相手 切る タイミング

不倫相手、浮気相手と連絡を取らないでそろそろ関係を終わらせて相手を切りたいと思っているあなた。

バッサリ切りたいと思っているけれどタイミングがつかめないというあなた。

区切りをつけて新しい方に行きたいけれど恨まれたくないと思っているあなた。

男性が女性を切るということはよくあることですが、女性の方から男性に見切りをつけている場合、注意をしないと恨まれたりすることもあるのでうまく関係を切る方法を見つけないと後でややこしくなります。

今回は不倫相手、浮気相手を切るタイミングと恨まれないための言葉遣いをご紹介します。

別れた浮気相手へ連絡する?別れても連絡する男の心理

浮気相手、不倫相手を切るタイミング

浮気相手を切るときには、タイミングや方法が大切です。

タイミングはバッチリだったとしても方法がちょっと違ったりするとうまくいきませんし方法はよく考えたのにタイミングが駄目だということがあります。

かなり難しいところですがそうしたことをしっかりと見極めてから別れを告げるようにしましょう。

別れを告げられた男の心理とは?不倫相手の事どう思ってる?

話し合いの場をもつ

浮気相手、不倫相手と関係を切るときは、メールなどでやりとりせずにしっかり顔を合わせて話をしましょう。

この時に大切なのは「自分は別れる覚悟を持っている」とはっきりとすること。

意識がはっきりしていないで男性との話し合いに向かえば、男性にうまく丸め込まれてしまうかもしれません。

しかし別れるとはっきりと 気持ちを持っていれば、男性との話し合いは次第に別れる方向で進んでいくでしょう。

こちらの意志がしっかりしていればそんなに覆そうとしても覆ることはないのです。

もちろんあなたの意見だけを言うのではなく、相手の意見をしっかり聞いてあげた中で、相手の気持ちを整理させてあげることが大事です。

そうすれば気持ちの整理もできてあなたが恨まれることなく関係を切ることができるでしょう。

再度言いますが自分の気持ちわからないという素直な気持ちを伝えることが大事です。

好きだけど別れる既婚者たちの本当の心理は?不倫は成就しない?

お互いに冷静な時に話す

浮気相手、不倫相手と関係を切るときは、双方が冷静な時に話し合いをしなければいけません。

相手が仕事で疲れていたり、ストレスを抱えてる時など感情的になって話し合いにはなりません。

不倫相手は感情的になっている時などに、別れ話などを出したら、あなたに対して恨みを持ったまま別れることになり、くだらないトラブルに巻き込まれる可能性があります。

しっかりと落ち着いた中で、二人の将来について話し合うことが大事です。

二人が落ち着き冷静であれば将来のことをしっかりと考えて話ができて、建設的な結果になる可能性が高いです。

既婚者と別れる方法と既婚男性が未練を残す別れ方

浮気相手、不倫相手に恨まれない言葉とは

少なくとも今まで愛し合った二人なので罵りあって別れるというのはしたくないことですね。

そこで別れの時もしっかりと気を使った言葉遣いを使った方がいいでしょう。

好きすぎて辛い、既婚者と別れられないあなたへ

今まで幸せだったことを伝える

例えば「今までありがとう。一緒にいたい時間は本当に幸せだった」というように相手と一緒にいた時間を感謝するメールや LINE を送ってあげることで相手はあなたに対して好印象のまま別れてくれるでしょ。

今はメールや LINE などでやり取りが頻繁になっていますから言葉遣いには気をつけて感謝の気持ちをしっかり伝え区切りをしっかりとしましょう。

長い文は書く必要もなく、ましてや相手を褒めたり慰めるようなことは要りません。

逆に相手が未練を持ってしまうので、そのようなことはやめましょう。

不倫をやめてよかったの?よかったと思ったとほっとした瞬間5つ

自分の気持ちを伝える

不倫関係というのは辛いものです。特に女性は待っているだけなので未来がどうなるか毎日どうなのか不安の中に暮らしています。

はっきりと素直に「不倫という関係が辛い終わりにしたい」ということを伝えましょう。

相手が辛いと思っているのに、引き止めようとする男性はほとんどいないでしょう。

ここまで関係が崩れてしまったら普通は戻りません。

ここで遠回しには言わずあなたが本当に疲れてしまったこと、辛い気持ちがあることを伝えましょう。

もしあなたのこと本当に好きならば既婚男性はあなたとの別れを承諾してくれるはずです。

お互いのことを伝える

別れることが決まったらお互いに幸せになりたいから別れたんだということで「お互い幸せになろう」と区切りをつけるメールを送りましょう。

ここで一旦区切りをつけて新しい未来へお互いに進んだというアピールです。

不倫とは言え愛した男性の幸せをこれからも祈っているということを伝えるので、相手の男性も言っておきの寂しさや悲しさがあるとは思いますが少しの慰めにはなるでしょう。

別れることになったとしても一度は愛した男性です。

幸せになってほしいと思うのは本心だと思うので、その気持ちを隠さないで伝えてください。

浮気相手に恨まれないように切り、未来へ進む

浮気相手や不倫相手と別れる時はドロドロしたことを思いがちですが、タイミングと言い方次第ではすっきりと関係を切ることができます。

別れのタイミングが方法を間違えなければ、お互いに納得できる別れができるのでぜひ参考にしてください。

上手に関係を切ることができれば別の道に進んでいくことができます。

不倫をしていたという体験は、あなたに新しい学びと経験を与えたはずです。

不倫という関係はつらかったかもしれませんが、未来へ一歩を踏み出すために不倫相手、浮気相手を切り、終止符を打って新しい未来に踏み出しましょう。