浮気調査アプリはバレない!?浮気の証拠を掴むアプリはこれ!

浮気調査アプリ バレない

単純に浮気調査でアプリはばれずに安全なのかというのが心配であります。

というよりパートナーの携帯にアプリを入れること自体バレないのかということも問題ですよね。

このはアプリによる浮気調査がどのようにできるのか?ご紹介したいと思います

浮気調査は自分で出来る!自分で浮気調査するマル秘テクニック

超簡単!浮気調査でiphoneを使って浮気の証拠を掴む方法

探偵も使っている浮気調査ツール!これで証拠を掴めます

浮気調査アプリはバレない?

配偶者や恋人が浮気しているかどうかを知りたい時に、相手のスマホにアプリを入れて監視したいと思うのは分かります。

そういう考えになるのは浮気されてる相手であれば誰だって思うことですよね。

今時このようなアプリは多く開発されており、位置情報など他、 SNS やり取り、着信履歴、通話履歴、撮影した写真や動画などをリアルタイムで監視できるアプリなどもあります。

そもそもこのようなアプリは浮気を監視するために開発されたアプリではなく、子供を守るためであったり、災害時の従業員の位置情報を知るためであったりというような開発目的があったアプリを浮気調査に使っているだけです。

ただこのようなアプリは審査基準が厳しいので数多くあるわけではありません。

しかしこのようにスマホアプリを利用することによってある程度の浮気調査が可能ということは事実です。

ライントークを自動転送してパートナーの浮気、不倫を暴く方法

超簡単!ラインを使って浮気調査!浮気相手を暴き出す方法

ただこのアプリによる監視行為は犯罪行為に該当します。

(不正指令電磁的記録作成等)
第百六十八条の二  正当な理由がないのに、人の電子計算機における実行の用に供する目的で、 次に掲げる電磁的記録その他の記録を作成し、又は提供した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
一  人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録
二  前号に掲げるもののほか、同号の不正な指令を記述した電磁的記録その他の記録
2  正当な理由がないのに、前項第一号に掲げる電磁的記録を人の電子計算機における実行の用に供した者も、同項と同様とする。
3  前項の罪の未遂は、罰する。

(不正指令電磁的記録取得等)
第百六十八条の三  正当な理由がないのに、前条第一項の目的で、同項各号に掲げる電磁的記録その他の記録を取得し、又は保管した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。

法律でいう電子計算機とは広い意味のコンピューターを示しますので、スマートフォンも含まれてしまいます。

この法律はコンピュータウィルスによる犯罪を想定した法律ですので、スマホにインストールされたアプリを利用しての個人情報の収集などは 夫婦であっても犯罪行為とされます。

浮気調査 でGPSを使うのはあり?なし?証拠になる?

浮気調査アプリは本当に使えるか

ただこのような大きなリスクがあるアプリでの浮気調査ですが、実際に本当に使えるかと言うと疑問のところもあります。

位置情報を知ることは相手が今どこにいるかということを確実に知るには有効ですし、相手が嘘をついて違うところに入っていた場合に問い詰めることができます。

正しい証拠としてはまだまだ甘いと言わざるを得ません。

位置情報だけでは浮気をしていた不倫をしていたということを証明することは不可能なのです。

 LINE を監視するアプリを使用した場合、不貞関係を示すような内容や写真があれば証拠能力としては高いといえますが先ほど言ったようにこれを入手するには法律上問題があります。

そもそもアプリを入れられたこと自体がパートナーに気づかれないようにしなければいけないのでリスクは高いと言えるでしょう。

実際に逆にアプリを入れられた事に気づき、そのことを逆に警察に通報され逮捕されるということもあります。

浮気を調査するツールとしては優秀かもしれませんが、法的には立証される可能性が低いのでそこまでリスクを犯して使うという選択をしない方がいいかもしれません。