浮気調査 でGPSを使うのはあり?なし?夫の浮気の証拠になる?

浮気調査 gps

浮気調査で GPS を使うということは素人がやると犯罪にならないのでしょうか?

よく犯罪捜査なので GPS を使うときも手続きが必要だということは聞いたことがあります。

いくら犯罪をしそうな人に対しての調査であっても GPS を使うことはかなり制限があるのではないでしょうか?

そんな疑問もあり浮気調査で GPS を使えるのか?証拠になるのかどうか調べてみました。

超簡単!浮気調査でiphoneを使って浮気の証拠を掴む方法

浮気調査で気を付けたい法律

行政機関の保有する電子計算機処理に係る個人情報の保護に関する法律

(不正指令電磁的記録作成等)
第百六十八条の二  正当な理由がないのに、人の電子計算機における実行の用に供する目的で、 次に掲げる電磁的記録その他の記録を作成し、又は提供した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
一  人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録
二  前号に掲げるもののほか、同号の不正な指令を記述した電磁的記録その他の記録
2  正当な理由がないのに、前項第一号に掲げる電磁的記録を人の電子計算機における実行の用に供した者も、同項と同様とする。
3  前項の罪の未遂は、罰する。

(不正指令電磁的記録取得等)
第百六十八条の三  正当な理由がないのに、前条第一項の目的で、同項各号に掲げる電磁的記録その他の記録を取得し、又は保管した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。

法律でいう電子計算機とは広い意味のコンピューターを示しますので、スマートフォンも含まれてしまいます。

この法律はコンピュータウィルスによる犯罪を想定した法律ですので、スマホにインストールされたアプリを利用しての個人情報の収集などは、たとえ夫婦であっても犯罪行為とされます。

親しき中にも礼儀ありということです。

プライバシー侵害が成立する可能性も

どんな人であっても、自分の時間が欲しいものです。夫婦だからといって、勝手にプライバシーを探られえてはたまりません。

もし、勝手に尾行、GPSなどで証拠を取ろうとした場合プライバシー侵害が成立することも考えておきましょう。

また、誹謗中傷をネットやビラ配りなどした場合には名誉棄損にもなるのでこれも気を付けたいところです。

とにかく冷静になって、一度考えてから行動を起こしましょう。

浮気調査アプリはバレない!?浮気の証拠を掴むアプリはこれ!

探偵も使っている浮気調査ツール!これで証拠を掴めます

浮気調査は自分で出来る!自分で浮気調査するマル秘テクニック

 GPS を使ったが浮気調査はリスクが高い

夫や妻の行動を把握するために GPS を利用した浮気調査の手法はよく知られています。

そもそも GPS とはどういったものなんでしょうか?

※GPSとは・・・

グローバル・ポジショニング・システムの略。全地球測位システム。地球上の現在位置を、人工衛星からの電波で測り知る装置。

このようなの装置を使い浮気調査に使えるとすると三つのタイプがあります。

浮気調査に使えるGPSの例

  • GPSロガー
  • リアルタイムGPS
  • GPSによる位置共有アプリ 等

この三つのタイプを使うと例えば車に GPS をつけるログを取っておくとか、カバンに仕込んどいて後日どこへ行ったのか経路を調べるとかといったことができてしまいます。

こうなると自宅以外でのパートナーの行動が記録できて浮気調査にはすごく有効だということがわかります。

 GPS によって相手の行動がある程度が分かっていると、 によって相手の行動がある程度が分かっているとそう によって相手の行動がある程度が分かっているとその後の浮気の調査方法を変え によって相手の行動がある程度が分かっているとその後の浮気の調査方法もかなり変わりも有効な手段というのが簡単に見出せます。

そういった意味でも相手の行動がどのようになっているのか GPS で事前に知っておくことは非常に有効です。

ただし焦って GPS を用いた場合思わぬ落とし穴にはまることがあるので気を付けた方がいいです。

ライントークを自動転送してパートナーの浮気、不倫を暴く方法

超簡単!ラインを使って浮気調査!浮気相手を暴き出す方法

 GPS 調査の落とし穴

自分自身で GPS を購入しパートナーの所持品などに忍ばせたり、車に取り付けたりして相手の行動を知ることができるかもしれませんが、 GPS にはいくつかの落とし穴があります。

まず GPS の誤差というのがあるので、 パートナーがいくら嘘を言ってなくて真実を語っていたとしても GPS に誤差があって誤解が生じることがあります。

機械の性質上のどんな環境下でも誤差が生じますし、使う機器や環境によっては500 M から50 M の誤差が出るので、実際に尾行をしている場合とは違って、目視もできないので再度もう一度確認するためにパートナーがよく行ってる場所を近辺を探す必要があります。

利点とすればいつどのような時間帯にどの辺にいるかということが大体分かるのでそこからはプロに任せた方がいいのではないでしょうか。

正しい日ここまで調べるのに時間も必要ですし、専門的な知識も必要になってくるので、その間に GPS が発見されるリスクとなります。

もし GPS の発見をされた場合確実に配偶者に問い詰められ、調査の継続ができなくなる上に不利な状況に置かれる可能性もあるので気をつけましょう。

パートナーが神経質である場合には、バックに忍ばせたり車につけたりということは危険なので別の方向で情報収集をすることをお勧めします。