誰も語らなかったストリートナンパの真実。モテる男はなぜナンパをしないのか?

ストリートでナンパをしている男性をよく見かけるかと思いますが、あなたのイメージはどんなイメージですか?

モテる男?

私のイメージは違います。モテる男はストリートでナンパはしません。

たしかに、ナンパをすることで女性に声をかけるという経験値が上がる。女性とトークするという経験値を上げるという事もありますが、オススメは出来ません。

特にこのサイトに来ていただいている方は「恋愛初心者」を対象としているので、恋愛初心者の男性が、ナンパするのは、泳げないのに海に飛び込ませるようなもの。

はっきり言って無謀。

今回はなぜナンパが危険なのか?おすすめできないのかについてご説明します。

恋愛初心者の男性がナンパをすると心が折れます

ナンパの成功率って知ってますか?

どんなにうまい人でも10%に満たないほどだといわれています。

ナンパ師といわれる人は感覚で「この子いけそう」というのがわかるので声をかけると大体ひっかけてきますが、それは長年の鍛錬のたまもの。

そこに至るまでにどれだけの女の子に声をかけているでしょうか?

例えば一日10人声をかけて1人でもお茶してくれればいいですが、全く相手にされない状態で3日間。あなたは耐えれますか?

モテたいという事は「愛されたい」と思っていることですが、愛の反対はマザーテレサが語っていましたが、「無関心」。

愛されたい男がナンパで無関心な状態で耐えられるでしょうか?

答えはノー!!

特にストリートナンパは迷惑がられることも多く、空気を読まず突っ込んでいくときっつい返事が来ることがあるのでトラウマになることも少なくありません。

成功することがあればそれが励みになりますが、基本的にナンパは恋愛経験中級以上ですでに女性と付き合った経験が何人かいて、女心がわかる人でないと成功率はほとんど0です。

私も挑戦したことがありましたが・・・。今でも思い出したくないほど悲惨でした。

いったいどんな言葉を言われたか?聞きたいですか?

  • キモイ
  • ウザい
  • マジそういうの良いから
  • 全く無視(声をかけても反応なし)
  • 汚いものでも見るかのようなまなざしで無視
  • 笑いながら「顔見たことあんの~」※これ今でもトラウマ級

こんなのが連発するストリートナンパですが、それでもあなたはナンパをしたいですか?

女性としたら全く持ってメリットも何もないナンパですからこうした言葉が返ってくるのは当たりまえ。

たまにスーパーガードが低い女性もいますが、それは1000人に1人くらい。

ガードが堅い女性をトークとテクニックでこじ開けるのですから、初心者の男性がまねしたって上手くいくはずがありません。

まずは、バイト先などの近くのコミュニティーで声をかけてみる

私が初心者におすすめしたいのは、バイト先、講習会など特定のコミュニティーでコミュニティーでの声掛けです。

同じ興味、趣味のオフ会などは話題が共通ですし豊富。なおかつ期間が限定されていればあとくされもありません。

ストリートナンパは初心者にとって裸で戦場に行くようなものですから、一撃で即死。

仮に可能性があったとしても、成功率0%に近いのですから、リスクが高すぎます。

恋愛は技術です。

ですから、経験と練習でステップアップしていく方法で鍛えないとレベルアップはありません。

たまに天賦の才、イケメンなど特異体質の人がいますが、それは何万人に一人。

彼らは高校野球で言えば、「全国大会常連校」あなたは「地区予選高校」。いきなり戦えば勝敗はわかりますよね。恋愛はそんなには甘くありません。

ただ初心者でも場所を変えれば勝てる場所があります。

このネット社会に感謝しなければなりません。

初心者でも勝てる場所とは「マッチングアプリを使ったネットナンパ」

私は初心者はリアルより先に、「恋愛心理学を勉強(知識)」+「コミュニティーで声掛け(コツを掴む)」+「ネットナンパでレベルアップ(トライアンドエラー)」という方法が最もベストだと思います。

私もナンパでぼこぼこにされながらレベルアップをしてきましたが、それは一昔前までネットナンパという方法がなかったからです。

今はネットがあるのでネットナンパで加速度的に恋愛スキルを伸ばせます。

とにかく恋愛初心者は、最初は無理をせず、じっくり手の届くところから積み重ねていきましょう。