運命を感じる人が既婚者だったとき、不倫するべき?

運命を感じる人既婚

運命を感じる出会いというのがありますが、その運命を感じる人が既婚者だったら、不倫関係に進むべきなのでしょうか?

運命の人と感じることは一生でもあまりないことかもしれないです。そこまでひかれあう相手だから、「この人だ」と独身時代であれば結婚まで考えるのでしょう。

しかし、先ほど書いたように運命を感じる人が既婚者だったら?倫理的にその先に進むには大きな壁があります。

今回は運命を感じる人が既婚者だったら?どうする?ということを調べてみました。

既婚者同士で好意があるときのサインはこのサイン。運命の人を見つけろ

運命の人は既婚者だった

そうした場合。普通の心理と言いますか、通常はあきらめるのが当たり前というのが世間一般の意見。

しかし、それが独身だったら結婚できたわけです。でもそれが間違えで、結婚後に本当に出会ったらどうします?

そうしたら不倫をするかどうするかの覚悟が必要です。

本当の運命の人だと思ったけれど、不倫というのは一過性のものが多いので実は間違えということもあり得ます。

本当は旦那さんが運命の人だったのに、間違えて不倫相手に走ってしまうという愚行は避けたいですね。そうした間違えを起こさないように不倫相手が運命の人なのか、どうかを見極めるための方法を紹介します。

不倫相手が運命の人か見極める方法

不倫相手が運命の人なのかどうかを見極めるには

  • 不倫相手といると自然体でいられる
  • お互いに気持ちが重なる感じがする
  • なんとなくいつも一緒にいられる
  • 偶然の出会いが多い
  • トラブルになることがほとんどない

といった、偶然や気持ちの違いというのが運命の人なのであれば感じるはずです。

自然という中で惹かれあい、会おうとしなくてもあってしまう。無理に合わなくても大丈夫という安心感やつながりをあなたは運命の人という出会いがあれば感じることでしょう。

お互いが飾らず、受け入れることができ、偶然が続くようならば運命の人という可能性が高いといえます。

二人でいることが当たり前の運命の人同士。価値観の重なり合い、好みの一致など時間をかけないと一致してこないことが初めからすんなりいくのも、運命を感じるからこそ。

もし不倫相手に運命を感じているのなら、上記の5つのポイントを確かめてみてください。全ての項目に当てはまれば、その人はあなたの運命の人かもしれませんね。

運命の人を見つけてしまったら

もしも、運命の人を見つけてしまったら・・・・。それが不倫相手だったら。

どうすればいいのでしょうか?

このとき冷静に考えてほしいこととして、運命の人とはあなたが努力をして一緒にいるようなことはなく、自然とそうなるということです。

例えば、お互い離婚などを考えなくても自然とそうなるでしょうし、そんなことを考えなくても相手から別れを切り出すこともあるので無理というのがありません。

逆に、離婚しようとしても夫がなかなか理解してくれないなど、トラブルがある場合はやはり考え直してみるのも、自然の流れかもしれません。

運命の人というのは自然と一緒になれるので、無理が禁物なのです。

まとめ

結婚した時は運命の人だと思って結婚をだれでもするのです。だから、不倫相手は運命の人というよりは遊び、気休め、と思う人も多くいます。

しかし、自然と惹かれあって不倫関係になってしまったのなら運命の人ということもあり得るのです。

よくよく考えて行動するといいですし、冷静になり、運命に導かれていると感じるのであれば行動に移してみるのもいいかもしれません。