離婚できない男の特徴!デメリットだらけの男の離婚

離婚できない男の特徴

既婚男性の離婚はデメリットだらけです。ですから既婚男性が離婚できません。

でも世の中には離婚してる人もいるじゃないかと、いうかたもいらっしゃるかと思いますが、それはそのデメリットをものともしない人だからです。

逆に映画デメリットを全く感じなければ離婚に踏み切れてということ。

今回は離婚できない既婚男性の理由をデメリットの面から紹介します。

離婚させたいって本当?とっても簡単なのにみんなが知らない方法

離婚できない男の特徴

離婚できない男の特徴はいくつかありますが、要するに離婚してもメリットが感じられず逆にデメリットばかりだから離婚できないだけです。

そのデメリットとは何でしょうか。

親権がもらえない

既婚男性にとって離婚すると問題になってくるのが、 子供がいるかいないかということは問題になっております。

子供がいた場合、養育費教育費など費用の面もそうですが、親権がどちらに行くかということが大きく関わってきます。

ほとんどの裁判で下されるのは母親の方に親権がいってしまうということ。

直接子育ては出来ないと判断される男性は、裁判所では親権を持つに値しないと冷たくあしらわれます。

そうなると離婚して子供と離れ離れになるということがほぼ確定してしまいます。

まして奥さんの方が子供と合わせるということに同意しなければ一生会うことはないでしょう。

我が子となれば誰になるというのはかなり悲しいことです。

不倫中の彼を離婚させたいときに使う強力なおまじない

生活が出来なくなる

離婚する前は毎日の家事を誰がやっていたのでしょうか?もちろん奥さんです。

その奥さんが離婚して出て行ったとなると生活はまともにできるのでしょうか?

今では料理や掃除などできる男性が多くなりましたが、それをしながら仕事にも集中し自分の他のプライベートのこともやれるくらい男性脇用でしょうか。

正直なところを男性自身もそうなる前にスキルを身につけておけば良かったと思いますが、男性には仕事があります。

男性が離婚すると金銭などデメリットと考えられるかもしれませんが、生活することが困難になるくらい家事ができないと離婚した後に困ります。

本当に離婚する男とは大違い、本気じゃない男の違いをチェックする

慰謝料が過酷 

離婚をする上でお金の事は考えていたでしょうが、どのくらいになるか本当に考えたのでしょうか?

慰謝料として数百万、養育費、教育費、財産分与。これを全て合わせるとあなたに残るものはどのくらいあるんでしょうか?

慰謝料だけで終わると思っていませんか?

もし子供がいた場合養育費プラス教育費は絶対です。

それも成人するまで毎月何年も定期的に多額のお金を支払うことになります。

もし0歳の時に別れた子が成人するまでと言うと20年間。

延々とお金を払い続けなければいけません。

何にせよお金のデメリットは男性にとって致命的です。

離婚させる心理学大公開!これで彼と一緒になれる!

社会的立場

離婚して会社にばれないとしても、いずれはわかってしまうもんですし、親族にはすぐに知れ渡るでしょう。

普通結婚ということをすれば社会的にも認められ一人前の男性として扱われますが、離婚ということになると今では社会的な立場が弱い立場に置かれてしまいます。

理由はどんなことであれ離婚という言葉には悪いイメージがつきまといます。

男性が独身となりますが、妻と別れたというイメージと、慰謝料を払っているという事実、人としての信用を疑われ社会的信用は失墜することは間違いありません。

たったこれだけ!離婚する気が相手にあるのか分かる5つの質問

男性が離婚するデメリット

男性の離婚する時のデメリットが分かったかと思います。

こんなことを先に書くと男性自身結婚したくないなという思いになってしまうかもしれませんが、結婚するということは離婚することもあるというのでそのことも考えて慎重に結婚しなければいけないよということです。

ましてや不倫などして離婚した場合、さらに裁判などという面倒なリスクをすることになるので、それなりの覚悟を持った方がいいです。

しかし、好きな人ができれば結婚したいと思うのが人間。どんなデメリットがそこにあったとしても結婚した時はメリットしか見えません。

結婚しているのであればこうしたこともあるんだと肝に銘じて色々な付き合い方を考えるべきでしょう。