不倫相手の好きな既婚者が離婚した!訴えられる?慰謝料は?

不倫相手 離婚

もしあなたが不倫をしている相手が離婚した場合のことについて考えたことありますか?

場合によってはあなたに慰謝料請求の可能性もあります。

そしてことになる前にしっかり知識を持って対処できるようにしておいた方がいいのです。

今回は不倫相手が突然離婚してしまった場合、あなたに起こるトラブルをご紹介します。

不倫相手が離婚したらどうなる

不倫相手 離婚

不倫相手と結婚するつもりで長い間待っていたというのがあれば、嬉しいという気持ちでしょう。

しかし基本的には不倫をすると多くの人達を巻き込んでしまいます。 

もし不倫した相手が離婚した場合、相手の家庭を崩壊させるということを理解しておかなければならないですし慰謝料の請求や あなたは本気ではなかった場合にはそれ相応のつぐない様覚悟しなければいけないのです。

不倫相手が離婚したら1

不倫していた相手が離婚した場合に起こることとして、離婚する原因は色々ありと思いますが、離婚した原因の一つにあなたが関与したということになると、相手の奥さんから慰謝料の請求などされる可能性があります

不貞罪になった場合には、覚悟が必要です。

不倫や浮気についての罰則がありませんが、既婚者がパートナー以外と肉体関係を持った場合には不貞罪という罪に問われるのです。

不倫相手は離婚したら2

慰謝料請求というトラブルはかなり厄介なことですが、慰謝料請求によって裁判沙汰になった場合には、そのことを様々な人に知られる可能性があります。

親、兄弟、家族、親戚、同級生、先輩、上司、部下・・・・。

そうなった場合に、不倫で家庭を壊した人と言う目で世間から見られます。

世間からの視線は冷たいものです。それにあなたは耐えられるでしょうか?

不倫相手が離婚して慰謝料請求されるのはどんな時なのか?

不倫が原因で不倫相手が離婚をして慰謝料請求される場合ではどのような場合なのでしょうか?

不倫が原因で慰謝料請求される場合1

浮気や不倫というのは一般的には道徳としてはだめのこととして認識されていますが、法律で言うと罰則がありません。

しかし不貞行為として訴えということは出来るのです。

不貞行為のあったかなかったかというのは、肉体関係の有無なので肉体関係があった場合は慰謝料請求される可能性が高いです。

つまり不倫関係でセックスレスの解消ということで、不倫をしていると非常に危険です。

 SNS 上で肉体関係を示唆するものなどを残していた場合、証拠となる場合があるのでそのようなものが残っていないかも確認しておきましょう。 

不倫が原因で慰謝料請求される場合2

夫婦関係が破綻していなかった家庭を壊してしまった場合には、慰謝料請求の対象となります。

夫婦ではあったけれども夫婦関係が既に破綻していた場合には、慰謝料請求ができません

この夫婦関係が破綻しているかどうかということもボーダーラインが難しく、別居生活が暴力など様々な理由で夫婦関係が成立していないことが重要です。

不倫相手の家庭の中で何が問題となっているかということを知っておかないと、後で大変なことになるのでできる限り情報は仕入れるようにしましょう。

不倫が原因で慰謝料請求される場合3

不貞行為として訴えられないということは相手が証拠を全て持っているということです。

妻に不貞行為を働いた決定的な証拠を捕まえているということは、それによって相手からの慰謝料請求は可能だということです。

日本の裁判は基本的に証拠主義のため、本当に不倫をしていたとしても証拠がない限りには訴えることができません。

逆に言えば訴えられたとしても、確実な証拠が揃っていなければ跳ね返せる可能性があります。

不倫相手が離婚した時には慰謝料請求の可能性も考えておく

不倫相手が離婚してしまった場合基本的にはトラブルが発生するということを頭に入れておきましょう。

不倫相手と結婚するということも考えておきたいことですがその前に解消しなければいけないことはあります。

ただ離婚しただけでもトラブルが生じるのに、不倫が原因ということになってしまった場合には状況が悪化してしまいます。

このように、不倫相手が離婚したというようなトラブルが元でできてしまった男女関係に関するトラブルには、そのようなトラブルに強い弁護士に相談して、どのようにすればいいか相談しましょう。

本当は不倫をしないことがベストですが、そう言ってもいられない人もいると思うので、その時はプロに頼った方がいいでしょう。