「旦那が浮気してるな」と思ったら離婚問題に強い弁護士に頼む

離婚問題 弁護士

浮気をした旦那さんと離婚することを決断したら、「相手に離婚の意志があるのか?」「子供のこと」「共有財産のこと」「親権をとれなかった場合の面会方法、回数」など問題が山積みです。

しかも、複雑な人間関係まで絡んでくると、解決するのは一筋縄ではいかないですし、弁護士に頼むといっても、どの弁護士でもいいわけではありません。

こんな時こそ、離婚問題に強い弁護士に頼むべきです。

離婚問題に強い弁護士に頼むメリット

離婚問題に強い弁護士に依頼した場合、どんなメリットがあるのでしょうか?

面倒な処理を全てやってくれる

弁護士に事件の処理を依頼すれば、基本的に全ての手続きを代行してもらうことができます。ご自身で相手方と話をしたり、面倒な書面の作成を行う必要はありません。

交渉調停裁判

と必要な対応のすべてをやってくれます。

法的知識と経験からアドバイスがもらえる

手続き以外でも、法律の知識や、過去の判例などについての情報も提供してもらえます。

特に訴訟では、証拠に基づいた法的な論争を尽くし、その論争に基づいて裁判官が判断を下すのが日本の訴訟「裁判」です。なので、弁護士の法的知識、経験をもとにしたアドバイスが得れるということは相手より有利な立場に立つことができます。

また、交渉、調停で、良く分からないまま相手方の言い分をのんで法律的に取り返しがつかない合意を結んでしまうということも良く聞きますが、弁護士に依頼すればそのような事態を避けることができます。

離婚問題に強い弁護士に頼むデメリット

離婚問題に強い弁護士に依頼した場合、どんなデメリットがあるのでしょうか?

弁護士費用が発生する

基本的にありませんが、強いて言えば弁護士費用が発生するということが挙げられるかもしれません。

大まかにですが、以下の費用がかかります。

  • 着手金 20〜50万円ほど
  • 事件終了後の解決報酬金 20〜50万円ほど

なお、着手金や報酬の他、印紙代・交通費等の実費や遠方への出張が必要となった場合の日当等がかかることもあります。

離婚問題に強い弁護士の特徴

男女問題、離婚問題に強い弁護士とはどうやって見分ければいいのでしょうか?

離婚問題に関する知識が豊富

男女問題、離婚問題に関する専門的知識が十分あるという事が重要です。離婚は夫婦関係の解消という問題だけで終わることはほとんどありません。財産分与、慰謝料、年金分割、親権、養育費、教育費、住宅費なども問題となります。

これら様々な問題が絡み合っているので、男女問題、離婚問題に関する専門的知識が十分を持っていないと、取れるはずの金額、権利が獲得できないことになります。

離婚問題に関する経験が豊富

男女問題、離婚問題に関する専門的知識が十分だということも重要ですが、男女問題、離婚問題に関する案件、事件の処理数というのも重要です。

案件、事件によっては、交渉から始めるべきなのか、すぐに調停に移行すべきなのか適切な選択、判断をすぐにでき、時間の節約となります。

また、処理の方法、信仰の仕方、不利になる点、有利になる点など知識だけでなく、経験もあれば対策も万全。

多くの相談実績、解決実績のある法律事務所に所属する弁護士は、知識、経験も豊富な男女問題、離婚問題に強い弁護士といえるでしょう。

離婚問題に強い弁護士に頼む方法

では、男女問題、離婚問題に強い弁護士というのはどうやって探すのでしょうか?

親族、知人の紹介

親族、知人の紹介で弁護士を紹介してもらうというのが、一つの手段です。実際、相談した経験がある弁護士であるならなおさら信頼がおけると思います。何より丁寧に対応してくれることもあるので、親族、知人で弁護士を紹介してくれる人がいたら、頼んでみましょう。

法律事務所を検索サイトで探してみる

グーグルなどで、離婚に関して詳しく情報が載っている法律事務所を当たってみるのもよいでしょう。

インターネットで離婚や浮気、慰謝料請求などの事項を検索して、表示された法律事務所のウェブサイトを確認してみるといいと思います。

多くの相談実績、解決実績のある法律事務所であれば、所属する弁護士は、知識、経験も豊富な男女問題、離婚問題に強い弁護士といえるので、連絡をして相談してみるといいと思います。

離婚問題に強い弁護士についてまとめ

離婚を考えたときに「男女問題、離婚問題に強い弁護士」を探し、弁護士と信頼関係を築き、最善の解決を得れるようにしましょう。

そのためには、弁護士との相性も大事です。弁護士へ積極的に質問することで依頼者の方も安心でき、弁護士との信頼関係を構築・維持できるので、疑問に思ったことを積極的に弁護士に聞くようにしましょう。密にコミュニケーションを取ることで信頼関係が構築されます。

また、依頼する弁護士をお決めになった場合には、ぜひご自身の事情は包み隠さず全てその弁護士に打ち明けてください

そのことで、弁護士も依頼者を信頼でき、相互の信頼関係の構築・維持につながり、最善の解決を得ることが出来ます。