旦那(既婚者男性)の浮気が発覚した時に、妻が直ぐにやること3つ

旦那浮気

旦那さん(既婚者男性)の浮気が発覚するきっかけの一番は、LINE、フェイスブック、ツイッター、メールなどの証拠が携帯に残っていたり、急に残業、休日出勤が増えたりですが、女性からすればバレバレです。

ショックなのはわかります。しかし、旦那の浮気が発覚したら、として直ぐに対応するべきことが3つあります。

  1. 旦那の浮気の証拠を掴む
  2. 旦那と浮気相手に慰謝料請求する
  3. 旦那と浮気相手を再婚させない

以上この3つのやるべき事を順番に記事の中で説明したいと思います。

旦那の浮気の証拠を掴む

最近、行動が怪しい」「連絡が取れないことがある」など旦那さんの浮気を疑う出来事が増えてきたときには、まずは「これは絶対浮気をしている」と確信が持てるようにしましょう。

浮気の兆候や浮気かどうかを見分けるポイントは「不倫してる人の特徴とは?浮気の嘘を見破る方法」で紹介していますが、浮気をしている方法はバレてないと思っていても、周りからするとバレバレな場合が多いです。

特に、女性の勘というのは凄いので、旦那が浮気してるな」と思ったらまずは証拠集めをしましょう。

浮気の証拠になる場合と、ならない場合

浮気の証拠があれば、有利に話が進めることができます。逆に言うと証拠がなければ、償わせることができないということです。

夫が浮気をしていたと「裁判で使える証拠」を集めなければいけないのです。

裁判で使える証拠

  • メール,SNS(LINE・Facebookなど)
  • 写真・動画
  • 浮気・不倫を自白した録音
  • 電話の通話記録・通話履歴
  • 領収書、利用明細や利用記録
  • 探偵・調査会社の報告書

もちろん、証拠がない場合でも「交渉で慰謝料請求する」ことができます。明確に不倫を証明する証拠がなくても、相手が自白したら慰謝料を獲得できる可能性は十分にあります。

この場合は、弁護士から「法的な責任追及を行う」と連絡すればビビッて慰謝料の支払に応じることもあります。証拠がなくても、諦める必要はないです。

旦那が浮気してるな」と思ったら慰謝料請求に詳しい弁護士に相談しましょう。

浮気の証拠を確実に掴む方法

浮気の証拠というものは、肉体関係があったと推測できる」証拠でないと立証できません。また、毎日、夫の尾行をしますか?写真はどうやって取りますか?集めた証拠をどうやって裁判で使える証拠にしますか?証拠を個人で集めるためにどれだけの時間と労力が必要かを考えると、目の前が真っ暗になります。

でも、諦めないでください。浮気調査を探偵事務所に頼めば、確実に裁判で使える証拠を報告書として作成してくれます。

労力と時間を考え裁判で使える証拠が欲しいなら、浮気専門の探偵事務所に相談しましょう。

旦那と浮気相手に慰謝料請求する

先ほども書きましたが、、旦那が浮気しているという確実な証拠を掴み、慰謝料請求をすることができたら、弁護士と相談相談し「慰謝料金額」「財産分与」「親権」などなど詳細を決めていきましょう。

旦那と浮気相手にどのくらい慰謝料請求する?

離婚などの男女問題の慰謝料ですが、一般的な相場では100~500万円の範囲です。浮気、不倫の期間や離婚するのかしないかでも金額は変わってきます。

慰謝料請求金額で理由になる項目

  • 浮気相手が積極的に夫婦関係を破壊する意思があった
  • 交際期間が比較的長い場合
  • 不貞行為の頻度が高いこと
  • 不貞行為が原因で夫婦関係が破綻したこと
  • 夫婦の間に子どもがいること
  • 浮気相手が謝罪をしなかったこと

など

といったことで、増減があります。

子供がいる場合、養育費を旦那に請求する方法

夫と浮気相手に慰謝料請求する時に「示談書」で浮気相手との復縁、接触をした場合、親権を失うといった内容を盛り込む方法もありです。この文言があるだけで行動を思いとどまる人は少なくありません。

子供がいる場合、親権というのは問題になります。親権を獲得して養育費を「強制執行認許付きの公正証書」にしておくと、もし不払いがあった場合、相手の財産を差し置さえ回収することができます。

旦那と浮気相手を再婚させない

旦那と浮気相手が慰謝料を払って、それで二人が何食わぬ顔で再婚なんて考えられないですよね。

そもそも、浮気をされた妻が、浮気をした旦那とその相手より悲しい思いをするということ自体が間違っています。

そんな略奪婚防ぐために有効な対処法をご紹介したいと思います。

慰謝料請求の示談書の書き方

先ほども書きましたが、夫と浮気相手に慰謝料請求する時に「示談書」で浮気相手との復縁、接触を禁止することといった内容を盛り込む方法もありです。この文言があるだけで浮気相手と別れる人も少なないです。

子供がいる場合、親権というのは問題になります。親権を獲得して養育費を「強制執行認許付きの公正証書」にしておくと、もし不払いがあった場合、相手の財産を差し置さえ回収することができるので、養育費の支払いが家計に響くようなら再婚しないでしょう。

相手に求める要求を書面にするということは、相手への説明の意味もありますが、警告の意味もあります。

内容に合意するかどうかを話しあいをする時にも、相手と密室で会うようなことがないようにして、周囲の目があるファミレスなどで行うことが適切です。

そして、双方話し合いに合意したら、示談書に署名捺印をします。示談書は2つ作成し、双方が1通ずつ保管しておきます。とはいっても、示談の内容、交渉のやり方など、一人ですべてするのは大変です。

そんな時こそ、離婚問題に強い弁護士に相談することをお勧めします。

旦那と浮気相手を再婚させたくなかったら離婚問題に強い弁護士に頼む

旦那と浮気相手を再婚させたくなかったら離婚問題に強い弁護士に頼む

2019.10.11

旦那の浮気で高額慰謝料請求できるか弁護士に相談する

弁護士の相談は有料だと思っている方も多いと思いますが、ほとんどの場合、最初の相談は無料で行っています。

ですから、気軽に相談してみて「信頼できる弁護士」だという思ったら、あとは任せてしまえばいいのです。

本当に離婚問題に強い弁護士に頼めば、高額請求もできるかもしれません。

弁護士でも強い専門分野がありますので、離婚問題に強い弁護士にすぐ相談しましょう。