既婚者同士の不倫でバレると相手の奥さんからどんな復讐が!?

不倫 バレる

不倫相手の奥さんに不倫がばれてしまったらどうしたらよいでしょうか?

いけないと分かっていながら不倫関係になってしまったという独身女性は少なくありません。

不倫相手の奥さんに関係がばれてしまった時の対処方法と、慰謝料を請求された時の対処方法をご紹介します。

不倫相手の奥さんにバレた時 

W不倫

既婚男性との不倫は独身女性にとっては未知の領域で、大人の男性の魅力に取り付かれてしまう女性も多いことでしょう。

しかし独身女性にとって最大のピンチは不倫中の相手の奥さんにばれてしまった時です。

このピンチをどうやって乗り切っていくのか?あなた自身ダメージ無しで済むことがないと覚悟しておいた方がいいでしょう。

不倫相手の奥さんにばれたら

不倫相手の奥さんにばれたらとにかく早く相手と別れることをお勧めします。

寛大な奥さんもいらっしゃいますが大半の女性は激怒しているはずです。

不倫相手にお子さんがいる場合、奥さんが離婚を希望することは少ないのです。夫のことは許したとしても不倫相手である女性に制裁を与えたいという考えがある場合が多いのでそうなる前に早めに縁を切ることをお勧めします。

中には不倫相手の奥さんにばれてしまったにも関わらず、不倫相手に離婚してもらうよう働きかけたり、そのまま関係を続けようとする人もいますが離婚というのは社会的信用を大きく影響するためにすぐ離婚する男性は少ないです。

そのまま証拠を掴まれてしまいすぐ役満の慰謝料を支払うことになりかねないので早めに関係を終わらせておくことが最もリスクが低く将来の自分のためになるでしょう。

不倫相手の奥さんにばれた場合の慰謝料請求

不倫相手の奥さんに関係がばれてしまったらすぐに別れるのが一番いいのですが、彼に別れたとしても慰謝料を請求される場合があります。

法的には有効の証拠を持ってるかどうかがカギになりますが、開いて 探偵を雇って証拠を掴んでいることもあります。

そのような場合には慰謝料請求してくる可能性が十分あります。

バレたからといってすぐ別れたとしても、そうしたことも起こり得るということは知っておきましょう。

不貞行為の慰謝料の相場

不倫の不貞行為を犯した時の慰謝料の相場としては端的には50万から200万と言われています。

金額に開きがあるのは、あなたと不倫によって夫婦関係が破綻し離婚に至ってしまったかどうかが関わってきます。

リン関係を解消し夫婦関係の再構築を目的とするならを50万円程度で済むかもしれませんが、離婚に至ってしまった場合には最大200万円程度になることは考えない。

不倫相手の奥さんが怒りを抑える

旦那 浮気 対処方法

不倫がバレてしまったらまずは不倫相手の奥さんの怒りを抑えることが、後々慰謝料を請求回避もしくは減額になるためのポイントとなります。

不倫相手の奥さんの怒りを抑える方法1

不倫相手の奥さんの怒りを抑えるには誠心誠意謝罪をするしかありません、謝罪する方法もいくつかあると思いますが、直接謝りに行くということが最も心が伝わる方法だと思います。

ただし、謝罪に行ったはずが逆に火に油を注ぐことになるかもしれません。

また相手の奥さんから呼び出されるケースもあります。とにかく会いに行く場合には慎重にあることが必要です。

不倫相手の奥さんの怒りを抑える方法2

直接会った場合双方冷静でいられない場合があるので電話で謝罪するという方法もあります。

顔を合わさないので少し落ち着いて誠意を伝えられるかもしれません。しかし電話越しに怒鳴られるかもしれませんし、無言のままかもしれません。

そんな状況でも逃げずに電話を切るまで誠心誠意謝罪をするという姿勢を見せ続けることが大切です。

電話内容は録音される可能性もありますので電話をする際には慎重になりましょう。

不倫相手の奥さんの怒りを抑える方法3

会うのも怖いし電話で声聞くのも嫌だという時にはメールや手紙で謝罪すると良いでしょう。

直接会って話すよりは気持ちが伝わりにくいと思いますが、誠意をもって冷静に書くことができますし、奥さんの怒りの言葉も聞かなくて済みます。

しかしメールや手紙はそのまま証拠として残りますので、 メールや手紙で約束した内容は必ず守るようにしましょう。

不倫相手の奥さんにバレた時はすぐに対処しないと手遅れ

不倫相手の奥さんに関係別れた時には悩んでいる場合ではありません。

早く対処しないと手遅れとなってしまいます。

弁護士に相談してみる

不倫相手の奥さんが慰謝料請求の準備をしている可能性がありますので、不倫がバレた場合には一度弁護士に相談してみましょう。

もし不倫相手の奥さんの方から、 内容証明や裁判所から呼び出しがあっても弁護士に相談しておけば即座に対応してくれます。

当然相手の奥さんも弁護士を立てている場合、素人が相手では法律的に勝ち目はないので、弁護士に相談しておいた方がいいでしょう。

もし奥さんが持っている証拠が十分でない場合慰謝料の減額もできるかもしれません。

弁護士に相談しておけば金額をゼロにすることは難しいですが、あなた自身にかかる負担や、精神的ダメージというのが少なくて済むようにしてくれるでしょう。

まとめ

既婚男性と不倫関係に陥る人は、まさかこんなことになるなんて最初から思っているはずがありません。

しかし不倫相手の奥さんにばれてしまうと金銭的にも社会的には制裁を受けてしまう可能性があるのです。

不倫をしてしまったことを悔やんでもしょうがないので、まだ奥さんにばれていない場合には早めには変えた方がいいです。

また不倫が相手の奥さんにバレてしまった場合は、一度弁護士に相談しておいた方がその後の人生を左右してしまうことですので、早めに手を打ったほうがいいでしょう。

法律に詳しい弁護士に相談した方が一人で悩むよりも最適な解決策を見つけられる可能性が高くなりますよ