知って納得!男が浮気する心理4つ

男 浮気 心理

世の中には好きな女性に一途な男もいる一方で、複数の女性にアプローチする浮気性の男もいます。

女性がもし複数の女性にアプローチするような浮気性の男性と付き合ったり、結婚してしまったら大変なことになります。

そうならないためにも、男を見る目を養うということは大事なのですが、今回は、浮気性な男の浮気に対する考え方や心理についてお伝えしたいと思います。

男が浮気をする原因心理4つ

それでは浮気性な男の浮気に対する考え方や心理について説明したいと思います。

浮気することに罪悪感がない

一般常識として「浮気=悪」だと考える人のほうが多いと思います。一般的な男性であれば、そもそも浮気なんてあり得ないと考えていますし、浮気は悪いことである、というモラル(倫理観)があるのが当たり前だと思っています。

ですから、自分が浮気するなんてことはありえないのですし、同様に、パートナーの浮気も受け入れることができません。浮気は悪いこと、という気持ちが強いため、気軽に浮気をすることはありえないのです。

しかし、浮気性の男性の場合、浮気はバレても謝れば済むというくらいしか考えていないので、実際に浮気がバレてしまっても、表面的には謝ることはあっても、心の奥では、浮気をすることがそもそもそんなに悪いことだと思っていないケースが多いのです。

浮気をすることに罪悪感があまりないので、次から次へと同じように浮気を繰り返します。

後先のことを考えてない(快楽主義)

普通の人たちの浮気に関する考えは、浮気なんてバレたら、離婚されたり、振られてしまうだろうと思っています。将来のことを考え一時の快楽に身をゆだねることがないというのが一般的なモラル(倫理観)がある人の行動です。

しかし、浮気性の男性の場合、浮気は一種のゲームというように感じるので、大切な人たちを傷つける、失うということまで考えが及ばないのです。

そもそもバレないだろうと考えていますし、バレたところで謝れば許してもらえるだろう、と楽観的に考えています、離婚や振られるなんて考えていないので浮気をしてしまうのです。

現状に不満を持っている

今現在が幸せで、生活も順調な人は他の女性のことなど気になりません。

今が一番大切で、その幸せを壊すリスクを冒してまで手に入れたいものは無いと思っています。現状のままで十分幸せなら、浮気なんてするわけありません。

しかし、浮気性の男性の場合、現状に不満を持っていることが多く、今に満足できない人が多いのです。

どんなに素敵な女性でも、どんなにきれいな女性でも、もっと素敵な女性がどこかにいるのではないか、もっときれいな女性がどこかにいるのではないかと考えているので、いつまでたっても現状に満足することがありません。

なので、様々な女性に手を出して、常に満足できないという飢餓感を抱いていることが多いのです。

自信過剰(ナルシスト)

自分のことを理解している人は「自分」というのをよく知っています。ですから、何人の女性と知り合ったとか、何人の女性を口説いたとか、ということに興味がありません。

自分が他の女性にどれくらいモテるのか、にあまり興味がないのです。そんなことよりも自分と理解しあえる一人の女性がいればそれで満足できます。

しかし、浮気性の男性の場合、より多くの女性と関係を持つことや女にモテることを自分のステータス(存在意義)だと考えているのです。

そうした男性は自分自身が価値があり、素晴らしい、認められるべき人間だと考えているので、自信過剰になり浮気を繰り返すのです。

男が浮気をする原因心理4つのまとめ

浮気性の男性は、一般常識で考えると考えられない倫理観(モラル)を持っています。

一般常識が通用しません。人それぞれ浮気についての考え方や、性格に様々な差異があることと思いますが、浮気性の男性は何回も浮気をします。

理解しがたい行動ですが、その背景には上記のような心理が隠れていることを知っていると、浮気性の男性を彼氏にしてしまったり、結婚して夫にしてしまうというような、誤った判断をしなくて済みます。

相手を変えようとするのは至難の業ですので、浮気性の男性と出会ったら、深い関係になる前に距離を置くようにしましょう。