既婚女性が浮気をした時のリスクとは?

既婚女性 浮気

既婚女性が配偶者以外の人と浮気をし、肉体関係(不貞行為)を行った場合に「不倫」といいます。

手をつないだり、キスやハグ、食事をしただけでは不貞行為がないので、日本の法律では罰することが出来ません。

ただし、あまりに夢中になり家庭を崩壊させてしまったり、相手と長期間にわたり交際を続け、嘘をつき続けたがために体調を崩すということもあります。

今回は、既婚女性が浮気をした時のリスクについて考えてみたいと思います。

既婚女性(妻)が浮気をした時のリスク

既婚女性が、夫以外の魅力的な男性に、恋をした時のリスクについてご説明します。

家族を失う

まず、家庭というのが崩壊する可能性が高いということ。夫が浮気するよりも妻が浮気したほうが離婚率が高いのです。もし、そうなった場合、子供はあなたについてくるでしょうか?

あなたのことをあんなに信用していた家族を裏切ったのですから、自業自得です。

今までの居心地の良い家、あったかい家族というのはあなたがすべて壊してしまったのです。

又、社会的な信用を失います。特に女性に対しては日本は冷たい社会なので、風当たりは相当なものだと覚悟しましょう。

仕事を失う

もし同じ会社の同僚、上司などが浮気相手だった場合、会社の規定で解雇ということもあり得ます。

そうなると、新しい職をすぐに探さなければいけません。今の日本経済で正社員で働ける職場は限られ、経済的にも自立して生活を行うためには非常に厳しい立場になることは、想像できます。

今まで、夫の支えがあったからこそ、安心して暮らせてこれたことを実感することでしょう。夫を失い、自立して生活するには、これまで通りには働けない現実があることを理解しておきましょう。

彼氏が結婚してくれるとは限らない

浮気相手は必ずあなたと結婚してくれると約束はしたかもしれませんが、それは口約束かもしれません。あなたを逃したくないと思う気持ちから出た言葉だとしたら・・・。あなたが本当に離婚した途端に恐れをなして逃げ出す相手もいることでしょう。

相手は独身だろうと、既婚者だろうと何も影響はありません。傷つくのはあなただけだと理解したうえで慎重な行動をとりましょう。

体調が悪くなる(誹謗中傷、証拠の流出など)

不倫がバレ、それがもしネットで流出したら・・・・。今の社会あっという間にネットに流れ、顔写真や住所、電話番号などプライバシーなどあったものではありません。

ましてや、相手がリベンジポルノで流出させた「写真)「動画」などは一生消えることがないのです。※訴えることは出来ます

そんないじめに近い状態が続けば体調も悪くなるのは当たり前ですよね。

慰謝料請求される(最大500万円+弁護士費用など)

裁判で使える証拠

  • メール,SNS(LINE・Facebookなど)
  • 写真・動画
  • 浮気・不倫を自白した録音
  • 電話の通話記録・通話履歴
  • 領収書、利用明細や利用記録
  • 探偵・調査会社の報告書

を相手が突き付けてきた場合、慰謝料請求が100%くると思っていいでしょう。

過去には500万円の慰謝料の支払いが命じられた事もあります。

既婚女性(妻)が浮気をした時のリスクの関連記事

既婚女性(妻)が浮気をした時のリスクのまとめ

ここまで既婚女性(妻)が浮気をした時のリスクについて、解説してきました。代表的なものを取り上げましたが、既婚女性が背負うリスクは相当あると思います。本当なら浮気をしないのが一番です。

しかし、妻が浮気しているかもしれないと思ったら、妻にはリスクがたくさんあって、上記の権利が夫にはあるのです。

けれども、浮気しているかもしれない・・・と思っても、あなた一人で浮気に関して調べ上げるのは簡単ではありません。職場に行って張り込んだり、行動をすべて尾行するのは現実的に無理な話ですし、スマホをチェックしているところを見つかったら、夫婦の間に無用な溝を作りかねません。

しかし、浮気調査のプロである探偵であれば、浮気している相手がどんな相手なのか、浮気をどこでしているのか、浮気の証拠を掴むことが出来ます。

あなたの妻が、

妻の不審な動き
  • 仕事の帰りが遅い
  • 休日出勤が増えた
  • 家でスマホを手放さない
  • 友達との外出が増えた

というような行動が増えたら、浮気調査のプロである探偵にいらしてみてはいかがでしょうか。

無料相談をしている探偵事務所はたくさんあるので、まずはあなたの現状についてお話してみてください。きっと探偵があなたの力になってくれます。