一度は読んでおきたい!既婚女性の浮気を防ぐ方法とは?

既婚女性 浮気

浮気する女性の特徴や行動パターン、心理などは見てきましたが、防ぐ手段はあるのでしょうか?

人間ですから、部屋に閉じ込めるという事をすればそれは監禁罪という罪になりますし、かといって自由奔放に過ごさせてもいいというものでもありません。

まずは、既婚女性が浮気をしないためにはどうすればいいのかを考えたいと思います。

既婚女性(妻)の浮気を防ぐ方法

どうすれば女性の浮気を防ぐことが出来るのでしょうか?

家族で防ぐ

既婚女性なら夫がいますし、子供がいれが子供もいます。いつも家事や洗濯、食事の用意をしてもらえるのが普通だと思っていませんか?

娘、姉妹だったら、手伝ってもらうのを当たり前だと思っていませんか?

言わなくてもいいだろうというのは、日本人的な考えです。日ごろから「愛してるよ」「今日もかわいいね」と相手を肯定する言葉をかける「いかに大切な存在」であるかを伝えることをしたら、愛情表現をしっかりしたり、愛されていると常に思わせれば防げるかもしれません。

日ごろから言葉でしっかりと、相手に伝える努力をすることが、大事ではないでしょうか?

女性が「愛されている」「大事にされている」と実感できれば浮気を防ぐことは出来るはずです。

また一緒にいる時間を増やしたり、相手に与えられる魅力や知識があれば、他を見る気にもならないはずです。出来る限り一緒にいる時間を多くして、心を満たしてあげれば、ほかの男性に目移りする気になるはずもありません。

また、スキンシップも大事なことです。肌が触れ合うことで、幸せホルモンと呼ばれる「オキシトシン」が分泌され、愛情や、信頼関係が深まるといわれています。恋人と積極的にスキンシップをとって、愛情を深めていきましょう。

浮気のリスクを話す

妻が浮気をしていたとするならば「裁判で使える証拠」を集めなければいけません。

裁判で使える証拠

  • メール,SNS(LINE・Facebookなど)
  • 写真・動画
  • 浮気・不倫を自白した録音
  • 電話の通話記録・通話履歴
  • 領収書、利用明細や利用記録
  • 探偵・調査会社の報告書

ただし、肉体関係があったと推測できる」証拠でないと立証できません。また、毎日、妻の尾行をしますか?写真はどうやって取りますか?集めた証拠をどうやって裁判で使える証拠にしますか?証拠を個人で集めるためにどれだけの時間と労力が必要かを考えると、目の前が真っ暗になります。

でも、諦めないでください。浮気調査を探偵事務所に頼めば、確実に裁判で使える証拠を報告書として作成してくれます。

労力と時間を考えるなら、浮気専門の探偵事務所に相談しましょう。

妻が浮気をしていたからといって、必ずしも慰謝料がもらえるとは限りません。

浮気相手や浮気していた夫から慰謝料請求するためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 浮気・不倫相手に「故意過失」があること
  • 不貞行為によって,あなたが「権利の侵害」を受けたこと

この2つが基本になります。

故意・過失が認められるケースとしては「既婚者であることを知りながら肉体関係を持った」など、既婚者であることを知っていたかという事で認められます。

権利の侵害が認められるケースとしては「円満だった夫婦関係が悪化し,離婚した」など、夫婦関係を破綻させるほどの交際だったかという事で認められます。

そして妻と浮気相手を再婚させない方法があることも伝えます。

妻と浮気相手を再婚させない方法
  1. 「裁判で使える証拠」を入手し、慰謝料請求を高額に設定します。そうなると、今後の生活に大きな影響を与えるので、再婚をあきらめるかもしれません。
  2. 妻と浮気相手に慰謝料請求する時に「示談書」で浮気相手との復縁、接触を禁止することといった内容を盛り込む方法もありです。この文言があるだけで行動を思いとどまる人は少なくありません。
  3. 子供がいる場合、親権というのは問題になります。親権を獲得して養育費を「強制執行認許付きの公正証書」にしておくと、もし不払いがあった場合、相手の財産を差し置さえ回収することができるので、養育費の支払いが家計に響くようなら再婚しないでしょう。

不倫をした妻を許せず「離婚」を決めたら、離婚で損をしないようにしなければなりません。

離婚をした後に、生活費のお金の問題が出てきます。離婚してから損しないように、離婚に際して得られるお金のことを知っておきましょう。

  • 別居中の生活費
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 親権と養育費
  • 慰謝料
  • 公的扶助

離婚調停が終わった後、話し合いに応じてくれる相手というのはいません。

ですから、トラブルに発展する前に対策をとるべきです。

また必ず書面、離婚協議書に専門家の力を借りてきちんと効力のある公的証書を作成しましょう。

後で言った言わない、もしくは書いていないと言われてしまった場合には、公的な書類でないと効力がありません。

そんな馬鹿馬鹿しいことにならないように、離婚する場合でも離婚しない場合でも、離婚問題に強い弁護士に相談することは非常に有効な対処方法になります。

協議の時点で相談していれば、話がこじれて調停や裁判になった時にも相談できるので精神的にも安心です。

不倫で離婚を考えたのなら、なるべく早い段階から弁護士に相談することが泥沼になることを避けるためにも必要です。

まずは、一人で抱え込むよりも、最適な解決方法を見つけられる離婚問題に強い弁護士にすぐ相談しましょう。

そして、浮気をした妻に証拠を見せ「離婚届けにサインをしてくれ」というだけです。

マンネリ化しないようにする

一緒にいる時間を増やす。趣味を共有する。家事は手伝う。相手をほめる。外食を増やす 。マンネリ化を防ぐ方法はたくさんあるはずです。

お金をかけなければ出来ないことばかりではありません。

たまには散歩を一緒にするだけでも、満たされることだってあるのです。

いかに愛情表現をしっかりしたり、既婚女性が浮気をしないためにはどうすればいいのか考えればおのずと行動できるはずです。

コミュニケーションをしっかりとる(話を聞く)

付き合いが長くなると女性というよりは同志として感じてしまうものですが、女性はいくつになっても女性です。

「いつまでも女性として見られたい」と願う女性は多いもの。パートナーから女性として扱われないと、女としての喜びをほかの男性に求めてしまうかもしれません。

友達のような関係で信頼しあえるような関係はいいですが、一人の女性としてしっかり見てあげることが大事です。

お互いを異性として意識して大事し、妻や彼女を常に異性として尊重する。

そうしたことをしてさらに会話を欠かさなければ、女性に不満が生まれる要素はあるでしょうか?

日頃からよく会話し、なんでも率直に言い合える関係を築くなら、不満の芽を摘み取ることができますし、どちらか片方が一方的に話すのではなく、相手の話しにもよく耳を傾けることで、日ごろから言いたいことが言える関係で良好な関係を結べるのです。

既婚女性(妻)の浮気を防ぐ方法の関連記事

既婚女性(妻)の浮気を防ぐ方法のまとめ

パートナーの浮気を防ぐことについて考えてきましたが、いかがでしたでしょうか?

何らかの問題が出たときに、女性だって外にはけ口を求めることはあります。

男性からすれば女心はわからないことばかりですけど、女性からすれば男心もわからないことばかり。

パートナーの言動を注意深く観察すれば、少しでも本音がわかるかもしれませんよ。

愛する人の浮気で心を痛めることがないように、浮気させないようにすることと、浮気しない女性をしっかり見極めましょう。